日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

生活

車のエアコンの冷房が急に効かなくなる原因、応急処置、修理はどこで?

猛暑の中、車内でもエアコンは欠かせません。
しかしエアコンの冷房が冷えない、急に効かなくなったなど
トラブルがないとは限りません。
万が一、車内のエアコンが効かなくなった場合にどこに原因が
あるのかチェックする場所、応急処置はできるのか、
車のエアコンを修理するとなれば、どこへ行けばいいのかについて
まとめてみました。

スポンサードリンク

  • ・車のエアコン 冷房が急に効かなくなるのは何が原因?
  • 車内のエアコンが効かなくなるのは部品に原因がある場合がほとんどです。

    考えられる原因としては、
    エアコンガスの不足や漏れ・コンプレッサーの不具合・ファンの故障
    挙げられます。

     

  • エアコンガスの不足や漏れ
  • エアコンガスの量をチェックします。

    エンジンをかけてエアコンを入れます。
    ボンネットを開けて、丸い窓ガラスのような部分に気泡が少しある、
    または全くなければ
    、エアコンガスは足りています。
    もし、気泡がたくさんあったらエアコンガスの不足です。

    ちなみにエアコンガスの補充なら数千円、ガス漏れなど修理となれば
    2万円以上かかります。

     

  • コンプレッサーの不具合
  • コンプレッサーとは、エンジンに付けられている直径20cmほどの
    丸い筒状になったファンベルトで駆動する機械のことです。

    エアコンを入れた時にエンジンルームから「カチっとした音」がすれば
    コンプレッサーは正常ということです。
    もしこの音がしなければ故障の可能性があります。

    万が一、コンプレッサーを修理すると5~10万円はかかるでしょう。

     

  • ファンの故障
  • ファンは暖かくなった空気を外に出す働きをします。

    走行中は風が出ますが、信号待ちなどで停車中や渋滞なんかで徐行運転すると、
    冷風が出なくなれば
    ファンの故障が考えられます。

    ファンを修理すると数万円~10万円はかかります。

    【関連記事】
     ・ 車のエアコンが汗臭い原因は何?応急処置と予防するには  


    スポンサードリンク

  • ・車のエアコンが急に効かなくなった時の応急処置
  • 応急処置としては、エアコンガスが不足しているのがわかったら、
    とりあえずカー用品店に行ってエアコンガスの補充をしてもらいましょう。

    その後、様子を見て再びエアコンが効かなくなれば
    エアコンガスが漏れている可能性があります。

    エアコンガスは減るものではありませんので
    再度冷房が効かなくなったら修理が必要になります。

    またエアコンガスは足りているのに効かない場合も
    他に原因が考えられますので修理が必要になります。

  • ・車のエアコンの修理はどこでやってもらう?
  • 車のエアコンの修理は電装系となります。

    車関係の修理は自動車整備士と思いがちですが
    実は自動車整備士は車両本体の整備に限られるのです。

    ディーラーに修理依頼しても自動車専門の電装屋に外注することが
    ほとんどです。

    直接電装屋に修理依頼する方が1~2割程度は安くなります。

    まずは業者に見積もりをもらいましょう。

    エアコンガスの修理(ガス漏れなど)・・・2万円~
    コンプレッサーの修理・・・5~10万円
    ファンの修理・・・2~10万円

    電装屋を探すならタウンページが手っ取り早いですよ。

  • ・まとめ
  • 車のエアコンの冷房が突然効かなくなるのは
    エアコンガスの不足、コンプレッサーやファンの故障が
    原因になっている場合がほとんどです。

    エアコンが効かなくなったら、まずはエアコンガスをチェックして
    ガスが不足していたらカー用品店へ行ってガスの補充をして
    もらいましょう。

    もしガスを補充してもまたエアコンが効かなくなったり、
    エアコンガス以外に不都合があったら、
    電装屋へ修理の依頼をしてみましょう。

    スポンサードリンク

    -生活
    -,