日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

妊娠

妊婦が風疹になったらどうなる?気をつけたい時期、予防するには

風疹は子供の時にやっている人も多いと思います。
妊娠中に風疹にかかると危険といいますよね。
どんな影響があるのでしょうか。
子供の時に風疹にかかっていると、二度とならないのでしょうか。
妊婦さんと風疹の関係について見ていきましょう。

スポンサードリンク

  • ・妊婦が風疹になったらどうなる?赤ちゃんに影響は?
  • 風疹はウィルスによる感染症で、主な症状は体に赤い発疹ができることです。

    また発熱やリンパ節の腫れ、関節痛の症状が出ることもあります。

    風疹自体は3日ほどで治まりますが、
    感染力が強くここ最近は出産適齢期にあたる若い女性に
    流行っています。

    風疹は飛沫感染がほとんどで、潜伏期間は2週間ほどです。
    鼻や口から風疹ウィルスが侵入して感染します。

    しかし、過去に風疹になったことがあれば抗体ができて
    二度とかかることはないと言われています。

     

  • 妊婦が風疹になったらどう影響する?赤ちゃんは?
  • 妊娠中に風疹になると、妊婦さん自身にはほとんど影響はありませんが
    流産や死産のリスクが高くなります。

    風疹ウイルスは胎盤を通じてお腹の赤ちゃんに感染します。

    その他にも、赤ちゃんが白内障や緑内障なとの視覚障害
    難聴発達障害先天性心疾患などのリスクが高くなります。


    スポンサードリンク

  • ・妊娠中に風疹に気をつける時期
  • 妊娠中に風疹にかかっても時期によって
    赤ちゃんに影響を与えるかどうかが違ってきます。

    特に妊娠12週ぐらいまでの初期の段階では、赤ちゃんの器官形成期になります。
    この時期に妊婦さんが風疹になると、お腹の中の赤ちゃんにも
    感染して90%ぐらいの確率で発達障害や身体的な障害、奇形児となります。

    妊娠18週頃を過ぎれば、赤ちゃんに影響を与える確率は
    ぐっと下がります。

    妊娠12週あたりまでが赤ちゃんに悪影響を与えるリスクが大きくなります。

    妊娠初期はリスクが最も高いと思って下さい。

  • ・妊娠中の風疹を予防するには
  • 妊娠前と妊娠中に風疹を予防する方法についてお伝えしていきます。

     

  • 妊娠前に風疹を予防するには
  • 妊娠前に風疹を予防するには予防接種を受けることです。

    しかし、私が子供の頃は学校で風疹の予防接種を受けましたが

    1979年4月2日~1987年10月1日の間に出生した人は学校では
    予防接種が実施されていませんでした。
    個人で予防接種をするように推奨されていた世代なので
    予防接種をしていない人は多いかもしれません。

    これから妊娠を望んでいる人は、病院で風疹の抗体検査を受けることをお勧めします。
    それでもし、抗体がなかったり少ないとわかったら
    ぜひ予防接種を受けるようにして下さい。

     

  • 妊娠がわかってから風疹を予防するには
  • 妊娠がわかったら産婦人科で風疹の抗体検査をします。

    もし抗体がないとわかっても妊娠中に風疹の予防接種を
    受けることはできません。

    妊娠中に風疹を予防する方法をまとめてみました。

    ・外出は控える、帰宅時は手洗いとうがいを徹底する
     外出するときはマスクをつけ、帰宅したら手洗いとうがいを
     徹底します。
     風疹は飛沫感染するため、できるだけ人の多い場所へ行くのは
     控えましょう。

    ・家族に協力してもらう
     夫、他に同居している家族があれば、抗体検査をしてもらい
     もし抗体がなければ予防接種を受けてもらいましょう。

    妊娠18週までは上記のことを徹底して下さい。

     

  • もし妊娠中に風疹にかかったら
  • 妊娠中に風疹になっても妊婦さん自身の症状を治すことは可能ですが
    赤ちゃんへの治療法はありません。

    生まれてからだと、先天性心疾患の手術やリハビリが可能です。

    万が一、妊娠中に風疹にかかったと思ったら、
    受診する前にかかりつけの産婦人科に電話をして相談しましょう。

    他の妊婦さんに感染させないことが大切です。

    医師の指示に従い、もしお腹の赤ちゃんに風疹が感染しているか
    どうか心配なら羊水検査で調べることも可能です。

    妊婦が風疹にかかっても、必ずしも赤ちゃんに悪影響を与える
    わけではありませんので過度の心配はしないで
    医師に相談することが第一です。

  • ・まとめ
  • 妊娠中に風疹にかかると、胎児が先天性障害や奇形児になるリスクがあります。

    過去に風疹の予防接種をしていても、抗体がなくなっていたり
    薄くなったりしていることがありますので妊娠を希望する場合は
    病院で風疹の抗体検査をされることをお勧めします。

    特に妊娠12週頃までに風疹にかかると、かなりの確率で
    胎児に悪影響するリスクがありますので注意が必要です。

    妊娠18週以降なら胎児への影響の可能性はずっと下がります。

    妊娠初期に風疹にかかると危険ということです。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -妊娠
    -,