日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

病気

風邪を引きやすい人の特徴は?ガンにもなりやすい?対策方法

2018/08/02

a1450d294167df7fa8a826b7e8cac3db_s

風邪をひきやすい人とひきにくい人がいますが
どこが違うのでしょうか。
風邪をひきやすくする条件があるんですね。
また風邪以外にもガンなどの病気にもなりやすいことが
わかっています。
さて、どういうタイプの人が風邪をひきやすいのか、
そして対処方法もご説明します。

スポンサードリンク

  • ・風邪を引きやすい人の特徴って?
  • 季節の変わり目など、風邪になりやすい人と滅多にならない人がいますが、
    何が違うのでしょうか。

    まず筋肉質で消化機能が強い人は風邪をはじめ、様々な病気に対して
    抵抗力があると言われています。

    逆に風邪を引きやすい人とは
     筋肉が少なく消化機能も悪い人、ダイエットをしている、脂肪太りの人、
    ストレスが溜まっている、睡眠不足の人です。 

    ダイエット中の人は、カロリーを気にして栄養バランスが乱れて
    しまいがちです。
    栄養のバランスが悪くなると、当然病気に対する抵抗力も弱まります。

    脂肪で太っていると、当然筋肉が少なく消化機能も悪くなります。

    ストレスがあると、知らず知らずのうちに体が蝕んでいきます。
    免疫系細胞はホルモンのコルチゾールに反応せず、病気の発症を促す
    ようになります。

    睡眠不足も抵抗力を弱めます。
    睡眠時間が6時間未満だと、7時間以上の人と比べて約4倍も風邪を
    引きやすいというデータがあります。
    睡眠不足は免疫力がダウンして、風邪のウィルスに対する抵抗力も
    低下します。

    風邪を引きやすい人は、これらの中で該当するものがあるのでは
    ないでしょうか。


    スポンサードリンク

  • ・風邪を引きやすい人はガンにもなりやすい?
  • よく風邪は万病の元と言われます。

    風邪をひいて体内に入ったウィルスは「NK(ナチュナルキラー)細胞」
    攻撃、体内で毎日何千個も発生するがん細胞も攻撃・破壊します。

    「NK(ナチュナルキラー)細胞」は免疫力の強さの基準と
    なるもので、高齢者や生活サイクルが乱れた人は弱くなります。
    そして風邪を引きやすくします。

    NK細胞の強さと発がん率は関係しており、
     低くなるほどガンになる率もアップする ことがわかっています。

    NK細胞活性が低いというのは免疫力も弱いということで、風邪に
    なりやすく同時にがん細胞も増殖するので発ガン率も高まると
    いうことです。

    風邪を引きやすい人はガンにも要注意です。

  • ・対策
  • 風邪をひきやすい人は対策をする必要があります。

    いくつか対策方法を挙げてみますね。

    ●栄養バランスの摂れた食事をする
    a7a20e89cea5c26713897b5f818dbd5d_s
     炭水化物や甘いものは控えめ、野菜や果物・タンパク質を
     摂るようにしましょう。
     特にビタミンCを含む野菜や果物がいいですね。
     ビタミンCは、風邪をひいてしまってからだと改善の効果は
     期待できません。 あくまで予防のためです。
     栄養価の低いパン、麺類、お菓子類は控えるように心がけることが
     大切です。

    ●睡眠をとる
     十分な睡眠をとることで免疫力がアップします。
     規則正しい生活を心掛け、睡眠は7時間以上は
     とりたいものです。

    ●適度な運動をする
     何かスポーツをするわけではなく、軽い運動のことです。
     体を頻繁に動かすことで免疫力や抵抗力を高めて
     風邪もひきにくくなります。
     ウォーキングやプールでの水中歩行、なるべくエレベーターや
     エスカレーターを使わずに階段を使うのがお勧めです。

    ●ストレスを溜めない
     ストレスは自律神経を壊し、風邪をはじめとしたいろんな病気を
     起こしやすくします。
     自分に合ったストレス発散法を見つけておくべきです。
     ストレス解消にはアロマオイルがおススメです。


    ●手を清潔にする
     外出から戻ったら手を石鹸できれいに洗いましょう。
     汚れた手で口元に触れると風邪ウィルスに感染することが
     あります。
     また、うがいもしっかりとしましょう。

    ●部屋の換気と湿度を保つ
     できたら1時間ごとに窓を開けて換気することが理想的です。
     特に冬の間は、エアコンやストーブなどで室内が乾燥しやすく
     なります。
     乾燥は風邪ウィルスにとって好都合になるので、増殖させない
     ために湿らせたタオルや洗濯物を室内に干して湿度を常に
     50%に保ちたいですね。

  • ・まとめ
  • 風邪を引きやすい人は、運動不足(筋肉量が少ない)、
    睡眠不足、ストレス、栄養バランスの悪い食事などが挙げられます。

    これらの要素があると、免疫力や抵抗力が弱まって風邪を
    引きやすくなり、ガン細胞も増殖させます。

    日頃から風邪にならないように規則正しい生活を心掛け、栄養バランスの
    摂れた食生活と適度な運動が必要です。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -病気
    -,