子供の熱が下がらないのはなぜ?対処法、おススメの食べ物

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

病気

子供の熱が下がらないのはなぜ?対処法、おススメの食べ物

子供が熱を出すのはよくあることです。
しかし、熱がなかなか下がらない、1週間経っても
下がらないとなると心配ですね。
ただの風邪ではないかもしれません。
子供の熱がなかなか下がらないのは他の病気が考えられるのか、
家庭でできる対処法をお伝えします。

スポンサードリンク

  • ・子供の熱がなかなか下がらないのはなぜ?
  • 子供が熱を出せば、普通は」2~3日で下がるものですが
    4~5日経っても熱が下がらない状態が続くとお父さんやお母さんに
    とっては心配ですよね。

    3日以上過ぎても熱が下がらない場合は他の病気が
    隠れている可能性
    があります。

    そこで子供の容態をチェックすることが大切です。

    以下のような症状がないかチェックして下さい。

     
    ・ぐったりしている、意識がもうろうとしている、けいれん、頭痛、食欲不振
     インフルエンザ、肺炎、脳炎、髄膜炎の可能性があります。
     肺炎や脳炎は、風邪やインフルエンザが悪化してなる場合が
     多いです。

     
    ・発疹がある
     水疱瘡やはしかの可能性があります。

     
    ・下痢・嘔吐
     ウィルス性腸炎になっている可能性があります。
     脱水症状に注意が必要です。


    スポンサードリンク

  • ・子供の熱が下がらない時の対処法
  • 3日以上経って子供の熱が下がらないようであれば
    すぐに受診することが大切です。

    この場合、前回受診した病院とは違うところへ行くほうがいいです。
    セカンドオピニオンも考慮することが大切です。

    私の息子の場合、最初に行った病院で解熱剤をもらい飲ませて
    いたのですが3日以上経っても熱が下がりませんでした。

    そこでお薬手帳を持って別の病院を受診したところ、
    医師から解熱剤の量が足りていないということでした。

    解熱剤の量というのは、年齢ではなくその子の体重で
    決まるとのことでした。

    解熱剤の種類は同じなのですが、量の多いのをもらって
    飲ませたらすぐに熱が下がりました。

     
    受診するだけでなく、家庭でもできる対処法を見ていきます。

    ・水分を補給する
     水分を摂ることで汗を促進させ、熱が下がりやすく
     なります。
     脱水症状になるのを防ぎます。

     
    ・冷やす
     脇の下やおでこ、首の後ろを冷やします。
     アイスノン枕や保冷剤を使うといいでしょう。
     それらを直に当てるのではなく、タオルで巻いてからに
     します。
     

  • ・子供に熱があるときのおススメの食べ物
  • 子供に熱があって食欲もないとなれば、何を食べさせようかと戸惑ってしまいますね。
    でも食欲がない時は無理に食べさせないで、水分をしっかりと
    補給してあげましょう。

    では熱がある時の子供の症状に合わせて、我が家での経験も含めて
    おススメの食べ物について見ていくことにします。

     
    ・食欲があるとき
     普段とほぼ同じような食事でいいでしょう。
     冷たいものは控えめにした方がいいです。
     熱があると、胃腸が弱くなりやすいです。

     
    ・食欲がないとき
     無理に食べさすのは止めましょう。
     我が家の子供は発熱で食欲がない時は 果汁100%のオレンジジュース、
     オレンジゼリー、果物の缶詰
    を食べたがるので与えています。
     お茶も飲んでいます。
     脱水症状を防ぐために最低限水分は与えましょう。

     
    ・嘔吐や下痢があるとき
     この場合も無理に食べさすのはよくありません。
     温かいスープ、うどん、お粥がお勧めです。
     油分が少なくて消化の良いものが最適です。
     柑橘類は本人が欲しがらない限り、避けましょう。
     実は柑橘類は嘔吐を誘発することがありますので
     注意が必要です。
     どうしても食べたがらない場合は、水分補給に白湯を
     飲ませるといいです。

     

  • ・まとめ
  • 子供の熱がなかなか下がらないと親は心配になりますね。

    ただの風邪ではない可能性があります。

    でも慌てずに冷静になって子供の状況を判断することが
    大切です。

    おかしいと思えば、すぐに受診されることをお勧めします。
    前回受診した医院とは別の病院へ行くほうがいいでしょう。

    スポンサードリンク

    -病気
    -,