日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

病気

アスペルガー症候群の子供の特徴、治療方法はある?周囲の接し方

アスペルガー症候群という病気は聞いたことがあると
思います。
しかし、この病気になっている本人の見た感じは普通で
健全な人とほとんど変わりません。
行動を見ていて、他の子とはちょっと違うという部分が
あればアスペルガー症候群なのかもしれません。
どういった特徴があるのか、治療方法はあるのか
周囲はどのように接したらいいのかについてまとめて
みました。

スポンサードリンク

  • ・アスペルガー症候群の子供の特徴、原因
  • アスペルガー症候群は発達障害の一つで、知的障害はないので見た目はわかりません。

    親御さんにしてみれば、うちの子は大丈夫なのかと心配に
    なりますね。

    どんな特徴があるのか見ていきましょう。

     

  • 特徴
  • ・集団の中に入れず孤立しやすい
     周囲の子と”合わす”ということが苦手で、学校では孤立しやすく
     なります。
     気に入らないことがあると、突然攻撃的になることがあります。

     
    ・こだわりが強い
     完璧主義というのか、物事をする順番や自分が決めたルールは
     絶対にやり通します。
     それがたとえ要領が悪いとわかっていてもやり通します。
     また、一つのことに異常なまでも興味を持って、他のことには
     全く関心がありません。

     
    ・空気が読めない
     相手が言ったことの意味が理解できないということです。
     例えば、家族に「お風呂が湧いたか見てきて!」と言われれば
     本当に見に行くだけで、湧いていてもお湯の蛇口を止めません。

     
    上記のようなことがアスペルガー症候群の子供の特徴です。

    まとめると、人とコミュニケーションをとるのが苦手というのが大きな特徴です。
     
     

  • 原因について
  • アスペルガー症候群は脳の病気で
    親の育て方やしつけとは関係ありません。

    中には子供の発達障害は親の育て方が悪いと誤解している人が
    いますが、全く違います。 

    アスペルガー症候群のはっきりとした原因は不明です。

    しかし遺伝性が強いのではと言われています。
    両親共、あるいはどちらか片方がアスペルガー症候群であると
    遺伝する確率は高いと言われています。


    スポンサードリンク

  • ・アスペルガー症候群の治療方法、治るの?
  • この病気は治るものではありません。

    特効薬とか治療法がありません。

    でも将来のことを考えると、アスペルガー症候群の子供をそのまま放置
    しておくのはよくありません。

    アスペルガーの子供が学年が上がったり社会に出た時に集団生活に
    対応できる力を身に付ける必要
    があります。
    治療ではなく療育の必要があるということです。

    療育は、地域の療育センターや福祉センター、療育専門の民間施設などの
    専門施設で受けることになります。
    お住まいの保健センターなどに問い合わせるといいでしょう。

    アスペルガーの子供はそれぞれ、苦手なことも異なったり、程度があったりで
    その子に合った療育法をしていくことになります。

    例えば、大人と子供が一緒になって会話や遊びをしながら
    コミュニケーション力をアップさせたりします。

    作業療法士や臨床心理士などの専門家が対応します。

  • ・アスペルガー症候群の子供への接し方
  • アスペルガーの子供は、ある特定の分野では天才的な能力を持っていることが多いのです。

    周囲が「この子は扱いにくい」と受け止めて間違った接し方をすれば
    せっかく持った能力がうまく発揮できなくなることがあります。

    そのため、周囲の人は適切な対応をしなければなりません。

    アスペルガー症候群の子供への接し方についてポイントをまとめました。

     
    ・指示や伝え方を工夫する
     アスペルガーの子供は、遠まわしの表現や相手の言おうとしていることを
     理解するのが苦手です。
     そのため、具体的に一つずつやるべきことを言ってあげます。
     また、言葉だけでは子供が理解できないことがあるので
     イラストやジェスチャー、写真を用いると理解しやすくなります。

     
    ・否定したり命令しない
     できないことがあっても「うまくできなくてもいいよ。」とそのまま
     受け止めてあげます。
     「~したらダメ」とか「~しなさい。」という言い方をすれば
     子供は怒られているんだと受け止め、自信を無くすようになるので
     気をつけなくてはなりません。

     
    ・予定を明確にする
     もし、いつもと違うことをする時は前もって予定を具体的に
     伝えます。
     〇時から〇時までは〇〇をすると伝えておけば、子供も
     戸惑いを避けられます。

     
    ・できないことをやらせようとしない
     無理なことを「練習すればできる」などというふうに
     させると、 子供は自身を無くす引き金になります。
     無理強いはしないことです。

  • ・まとめ
  • アスペルガー症候群の子供たちは見た目は普通で
    なかなかわかりにくいものです。

    しかし、よく見ていると他の子とは違うという部分が
    あるものです。

    アスペルガーは治るものではなく、その子に合った療育を
    していくことで本人も親も気が楽になることが多いのです。

    周囲はアスペルガーの特徴を受け止めて、本来持っている能力を
    伸ばすために理解と適切な対応が必要です。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -病気
    -,