日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

健康

冷凍食品は健康に悪い?栄養価は落ちる?冷凍食品の上手な選び方

a28159d9ec79639c6bbaa23211e82764_s

冷凍食品にも様々な種類があって大変便利な食材です。
特にお弁当のおかずに利用する人も多いことと思います。

しかし、冷凍食品は健康面にはどんな影響があるのでしょうか。
冷凍食品の野菜は生よりも栄養価は落ちるのでしょうか。

冷凍食品は私たちの体にどう影響するのか、また栄養価は
どうなるのかについてお話しします。

スポンサードリンク

  • ・冷凍食品は健康に悪いの?
  • お弁当に冷凍食品を多く使っていると、手を抜いているとか
    健康に悪いのではないの?と思いがちですね。

    冷凍食品というのは結構、賞味期限や消費期限が長いものが多いですよね。

    長期にわたって冷凍庫で保存できるということは何かしら保存料酸化防止剤
    使用されているということです。

    それらだけでなく、甘味料・香料・着色料のような食品添加物が使われています。

    しかし、保存料や添加物を入れる量や種類は法律で決められています。
    食品によっては 保存料も添加物も最小限で安全とも言われています。 

    中にはヘルシーさを最大限に活かした冷凍食品もありますので、すべてのものに
    保存料や添加物が使われているわけではありません。

    でも味の素の「やわらかジューシー若鶏から揚げ」のような冷凍食品は、電子レンジで
    チンしても味が落ちないように化学調味料や塩分が多めになっているものもあります。

    300070973

    このような塩分多めの冷凍食品を頻繁に摂っていると、高血圧などの生活習慣病を
    引き起こすことにもなるので、注意が必要になります。

    保存料や食品添加物は発がん性物質なのでは?と疑問視する声もありますが、
    現在では厚生省がそれらの質や安全性について規定を定めているので
    これまでに健康被害があったという報告はないとのことです。

    冷凍食品の健康被害の懸念はどうやら風評ということになります。


    スポンサードリンク

  • ・栄養価は落ちる?
  • 特に野菜は価格の変動が大きく、時期によっては生野菜は高騰しているので
    かえって冷凍食品を購入する方が安上がりになることがあります。

    でも「冷凍食品の野菜は栄養価が落ちているのではないの?」と思っていませんか。

    実は生野菜でも冷凍でも栄養価はほとんど変わらないのです。
    安心したでしょうか。

     旬の時期に野菜を収穫してすぐに下処理、-18℃以下で冷凍しているため
    栄養や質も落ちないのです。 

    冷凍するにも急速にさせているので、品質や鮮度も良好のままにできるので
    保存料の使用も最小限で済みます。
    また冷凍することで細菌の繁殖を抑えることもできます。

    野菜に含まれる食物繊維やカルシウムなど、冷凍にしても減少しないことが
    わかっています。

    スーパーなどで売られている野菜は収穫されてから、だいぶ時間が経っているので
    栄養価は落ちやすくなっています。

  • 冷凍食品の上手な選び方とは?
  • 冷凍食品もすべてが添加物入りではありません。
    無添加のものもあります。

    現在では成分の表示もわかりやすいので、選ぶなら
    有機栽培・オーガニック・無添加のものがオススメですね。

    そして、できれば袋入りのものにする方がいいですね。
    袋入りの方が鮮度も保たれます。

    冷凍食品だって上手に使えば、栄養バランスだって摂れるし、案外安上がりで
    済む場合もあるので重宝すると思います。

  • ・まとめ
  • 冷凍食品には保存料や添加物が入っているものが
    多いので、つい健康に悪いと思いがちですがそうではありません。

    最近では保存料や添加物の量や種類が法律で定められているので
    健康被害があったという例はありません。

    また特に冷凍食品の野菜は旬の時期に収穫されてすぐに冷凍に
    されているので、栄養価はそのまま維持、下がるということは
    ありません。

    冷凍食品を適度に取り入れて食事メニューを工夫してみるのも
    いいですね。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -健康
    -,