日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

健康

シャワーだけだと冷え性になる?疲れもとれない?対策方法

2018/08/01

a5b243dfb6b4fa78facf3d0362572409_s

シャワーはちょっと汗を流したい時でも便利ですね。
日々忙しい人は、ゆっくりと湯船に浸からないで
シャワーだけで済ますことが多いものです。
特に寒い時期になると、シャワーだけで体が
温まるのでしょうか。
湯ぶねに浸かった方が体が芯から温まります。

スポンサードリンク

  • ・シャワーだけ浴びていると冷え性になるの?
  • 毎日忙しく帰りも遅いと、ついシャワーだけでサッと済ませてしまいがちです。
    やはり、それでは 体が芯から温まりません。 

    シャワーだけで出てきても体が全然温かくなっていないのが
    実感できるのではないでしょうか。

    本来、入浴する目的はまず体を清潔にして体を温めることです。

    シャワーだけだと、体温が下がり
    0.5度下がると免疫力が落ちて体調不良を起こしがちになります。

    体表面だけでなく内臓まで冷えてしまい、代謝ダウンして
    太りやすくなります。

    体の冷えは万病も元とよく言われ、さまざまな病気を
    引き起こすきっかけとなってしまうのです。

    ゆったりと湯船に浸かって体を温めるのが健康な体を作る
    基盤となるんです。

    思い当たる人は要注意です。


    スポンサードリンク

  • ・シャワーだけだと疲れもとれない?
  • シャワーだけを浴びて体はきれいになったつもりでも
     疲れはとれない ものです。

    体の冷えから血行不良、不眠、翌朝目覚めても体がすっきりとしない
    昼間も疲れやすくなるなどの影響を及ぼします。

    シャワーだけで済ますと、疲労物質である「乳酸」がたまり
    疲れがとれなくなります。
    血液中に乳酸がたまると、疲れだけでなくアンモニアも
    増えるので体臭も発生します。

    疲れが蓄積され、体臭までするようになると最悪ですよね。

    入浴時は湯船に浸かって体を温めることが体調管理や
    清潔へとつながります。
    できたら 毎日でも湯船に浸かる習慣は身に付けたい ものです。

  • ・対策は?
  • 体の冷えの改善やしっかりと疲れをとるなら
    ゆったりと湯船に浸かることが最善の方法です。
    お湯の温度は42度ぐらいが最適です。
    入浴剤を入れるのもおススメです。
     
    お風呂に浸かることで、温熱効果があり血流が良くなったり
    血管も広がります。
    それによって疲労物質である「乳酸」が体に残らない、
    老廃物も排出します。
    また自律神経も安定します。

    体を温めることによってダイエット効果も期待できるのです。
    代謝が上がり、脂肪燃焼効果も上がります。

    どうしてもシャワーだけで済ませたい場合は、できるだけ長く
    温度も熱めにする方が体が少しでも温まります。
    シャワーを浴びながら、洗面器にお湯を入れて
    足を浸けるといいでしょう。

  • ・まとめ
  • お風呂はシャワーだけでなく
    お湯を42度ぐらいにして湯船に浸かることによって
    体の冷えを改善したり、疲れをとったりします。

    入浴して体温を上げることによって血行や自律神経も
    良くなって健康な体を作ることになるのです。

    シャワーをササっと浴びるだけでは体の芯から温まりにくく
    体調不良の引き金になるので、しっかりと体を温めることが
    健康へのカギとなるのです。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -健康
    -,