柑橘系飲料をステンレスの水筒に入れるのはダメ?サーモスの水筒は?

暑くなってくると柑橘系のジュースを持ち歩きたくなりますね。

でも何にジュースを入れたらいいのか、ちょっと迷いませんか。

普通のステンレスの水筒に入れてもいいのでしょうか。

スポンサードリンク

  • ・柑橘系飲料をステンレスの水筒に入れるのはダメ?
  • ステンレスの水筒を使うのが一般的でしょう。

    しかし、ステンレス製の水筒に柑橘系飲料を入れるのはNGです。

    柑橘系の飲み物はジュース、レモネードなどですね。

    スポーツ飲料と同じです。

    スポーツ飲料についてはこちら↓の記事をご覧ください。

    柑橘系飲料やスポーツドリンクは酸性の飲み物です。

    ステンレス製のような金属の水筒は使用年数とともにサビや傷があったりします。

    そこに酸性の飲み物を入れると、金属成分が溶けだして飲み物に混ざって中毒を起こすことがあります。

    某福祉施設では、金属製のやかんに入れたスポーツ飲料を飲んだ施設利用者たちが集団食中毒になったという事例があります。

  • 柑橘系飲料やスポーツドリンク以外の酸性飲料とは
  • 酸性の飲み物は柑橘系やスポーツドリンクだけではありません。

    乳酸菌飲料、炭酸飲料なども酸性です。

    柑橘系飲料やスポーツ飲料に含まれるビタミンCやクエン酸、乳酸菌飲料に含まれる乳酸、炭酸飲料の炭酸、これらはすべて酸性の物質です。

    ですので、ステンレスの水筒に入れるのはやめておきましょう。

  • 何に入れればいい?
  • プラスチックの容器なら大丈夫です。

    百均で販売されているプラボトルでも大丈夫ですよ。


    スポンサードリンク

  • ・柑橘系飲料をサーモス水筒に入れるのは?
  • 結論から言いますと、柑橘系飲料をサーモスの水筒に入れるのはスポーツドリンク同様にOKです。

    ▼こちらの記事もどうぞ

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    サーモス 水筒 直飲み&コップ付 真空断熱2WAYボトル 800ml FHO-801WF
    価格:2580円(税込、送料別) (2020/7/17時点)

    サーモスの水筒は外びんと内びんの二重構造、外びんと内びんとの間は高真空状態になっています。

    このため、夏に冷たい飲み物を入れても冷たいまま、もちろん冬に温かい飲み物を入れても温かさをキープします。

    炭酸飲料は不可です。
    炭酸を入れるなら、プラスチック容器にしておいて下さい。

    使用後は飲み物の成分が残らないように、食器用洗剤をスポンジやボトルブラシにつけてしっかりと洗浄、水で流した後は完全に乾燥させます。

    飲み物の成分が残っていると、保温・保冷機能が効かなくなることがあります。

  • ・まとめ
  • 柑橘系飲料や炭酸飲料はスポーツ飲料と同じで酸性飲料です。

    酸性飲料はステンレス製の水筒に入れるのはNGです。

    もし入れるなら、プラスチック容器(百均でも可)に入れるか、サーモスの水筒にしましょう。

    使用後は食器用中性洗剤でしっかりと洗い、十分に乾燥させることも面倒がらずにやりましょう。

     

    スポンサードリンク



    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする