マスクの品薄はゴールデンウィーク明けまで続く?再入荷時期

新型肺炎コロナウィルスが流行っており、マスクの品薄状態が続いています。
特に使い捨ての不織布(3層構造マスク)が不足していますね。

コロナウィルス感染が収まりそうにもなく、このままだとゴールデンウィークが過ぎてもマスクの品薄が懸念されます。

そこでマスクの品薄がゴールデンウィークが明けても続くのか、再入荷時期について調査しました。

スポンサードリンク

  • ・マスクの品薄はゴールデンウィーク明けまで続くの?
  • コロナウィルスが流行りだしてから、どこのお店に行ってもマスクがないという状態が続いていますね。

    たまに5枚入りのマスクを見つけることがありますが、不織布マスク50枚入りというのは見かけません。

    ほとんどの人が求めているのは3層構造で50~60枚入りの不織布マスクではないでしょうか。

    私の近所のドラッグストアでは早朝からマスクを求めて店頭前に並んでいるという状態です。

    毎日でなくても数日に1回はごく少量の不織布マスクが入荷しているとのことです。

    普通にお店にマスクがあるのが今までは当たり前でした。

    最近では家電メーカーの”シャープ”がマスクを製造し始めたということです。

    中国の生産ラインも徐々に動いていると聞いています。

    国内の半分以上のマスクが中国製なんですね。

    おそらくマスクの品薄が解消されるのは、ゴールデンウィークが明けてしばらくしてからと考えられます。

  • マスクが品薄になった原因
  • コロナが連日報道されるようになると、突然マスクが品薄になったように思います。

    品薄になった原因の一つが高額転売を狙った買い占めですね。

    当初は普段では考えられないような高額でネット販売されていました。

    今では高額転売が禁止されましたね。


    もう一つの原因はメーカーが注文数に追いついていないということです。

    メーカーは増産態勢ではあるのですが、注文が普段の3~4倍になっていて生産が追い付いていないということです。

    メーカーも大変ですね。

    ドラッグストアのスタッフもしょっちゅうお客さんからマスクの入荷について質問されるので、相当なストレスになっていると思います。


    スポンサードリンク

  • ・マスクの再入荷について
  • 洗って使えるマスクはぼちぼち入荷されているようですね。

    【関連記事】
     ・ 同じマスクを繰り返し使うことはできる?マスクの洗い方と選び方

    https://twitter.com/NP_Laforet/status/1245182660932071425

    手間はかかりますが、洗って再度使えるマスクの方が経済的ではないですかね。


    一方、使い捨てマスクは通販で見つけることができました。

    通常よりも値段が高いですね。

    現在もどこのお店に行っても売り場で使い捨てマスク(不織布)を見ることはありません。

    一部の店舗では少量の入荷があり、それも朝早くから並んでやっとゲットできたという状況です。

    メーカーも急ピッチで生産を進めていますが、ドラッグストアで普通に購入できるようになるのはしばらくかかると思われます。

    【関連記事】
     ・ 使い捨てマスクを使い続けるのは不衛生?洗ってからは?消毒して再利用は?

  • ・まとめ
  • 洗えるマスクは店舗にも出ているようですね。

    やはり多くの人が求める使い捨てマスクが未だに品薄状態です。

    店頭で普通に購入できるのは、もう少し先になりそうです。

    マスクだけにこだわらず、手の消毒と洗うことを徹底することが大切です。

    不要不急の外出は控えて、しっかりとコロナ対策をすることが感染予防につながるのではないでしょうか。

    スポンサードリンク