日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

生活

去年の灯油はファンヒーターに使える?処分はガソリンスタンドに持参?

寒い冬には、石油ストーブや灯油のファンヒーターを使っている
家庭も多いのではないでしょうか。
シーズンが過ぎても灯油が余ることはありませんか。
その余った灯油ってまた次の年にも使えるのでしょうか。
もし使えないのならガソリンスタンドへ持って行けば
処分できるのでしょうか。
前年に余った灯油が使えるのか、また処分するには
どうしたらいいのかについてお伝えします。

スポンサードリンク

  • ・去年の余った灯油はファンヒーターに使える?
  • 去年の余った灯油は処分しないで何とか使えないものだろうかと思いませんか。

    処分するのはもったいないですしね。

    まず最初にお伝えしたいのは灯油は劣化するということです。

    劣化した灯油とは、黄色味がかかっていたりキツいにおいがします。

    このような劣化した灯油を石油ストーブやファンヒーターに利用すると
    不完全燃焼を起こしたり、一酸化炭素中毒の危険性があります。

    やはり前年に余って劣化した灯油は使えないということです。

    そのシーズンで使い切ってしまいたいところですが、どうしても
    余ってしまうことはあるものです。

    次章では余った灯油を処分するにはどうしたらいいのかについて
    お伝えします。


    スポンサードリンク

  • ・灯油を処分するならガソリンスタンドに持って行くといい?
  • 余った灯油は家庭の水道に流すわけにもいかないですね。

    処分するなら、ガソリンスタンドに持って行くのが手っ取り早いですね。

    ほとんどのガソリンスタンドでは、古くなった灯油の引き取りサービスを
    実施しています。

    引き取り料金も400円前後までのところが多いです。
    中には無料で引き取ってくれるガソリンスタンドもあります。

    事前に目当てのガソリンスタンドに古い灯油の引き取りをして
    くれるのかを電話などで確認してからの方がいいでしょう。

  • ・灯油の保管期間
  • 灯油は保管の仕方によって、保管期間は変わってきます。

    まず保管容器ですが、金属製の容器なら長持ちしやすいですね。
    次のシーズンまで劣化しないということもあるでしょう。

    ほとんどの場合はポリタンクに保管しているのではないでしょうか。

    ポリタンクは日光を通しやすいので、灯油が劣化します。

    もしポリタンクに保管するにしてもポンプは抜いて
    タンクの蓋はしっかりと閉めて、日光に当たらない場所に保管
    すれば
    次のシーズンまで(1年ぐらい)は持ちやすくなります。

    次のシーズンには使い切ってしまいましょう。

  • ・まとめ
  • 灯油は日光の当たらない場所で正しく保管して、
    劣化しなければ去年に余ったものでも使えるのです。

    使用前に変なニオイとか変色していないか確認することが
    大切です。

    間違った方法で保管されていた灯油なら劣化していますので
    使用するのは控えましょう。

    余った灯油を処分するなら、ガソリンスタンドに持って行かれるのが
    手っ取り早いですよ。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -生活
    -,