使い捨てマスクは内側にガーゼを入れると再利用できる?感染予防は?

コロナウィルスにインフルエンザ、花粉症とマスクが必要な人は多いですね。

しかも最近はマスクの品薄状態が続いていて、マスクを切らすのが心配という人は少なくありません。

そこで使い捨てマスク(3層構造マスク)でも再利用したいという声をよく聞きます。

使い捨てマスクの内側にガーゼを入れれば再利用できるのかお話します。

スポンサードリンク

  • ・使い捨てマスク(3層構造マスク)は内側にガーゼを入れると再利用できる?
  • 使い捨てマスクはほとんどが不織布ですね。

    不織布マスクは使い捨てするというコンセプトなので、1回使用すると捨てるのが基本です。

    ですので、ガーゼを内側に入れるとしてもあまりお勧めできません。

    内側にガーゼを入れて使用することも可能ですが、再利用するには洗う必要があります。

    ガーゼだけでなく、不織布マスクも洗う必要があります。

    不織布マスクの外側にも菌が付着しているので、そのままでの再利用は不衛生になります。

    ガーゼは洗うことができますが、不織布マスクを洗うと質が劣化していきます。

    不織布マスクに関しては洗う代わりに熱湯消毒やエタノールによる消毒もできますが、これもマスクの繊維が傷んだり、消毒液による肌のトラブルが起きることがあります。

    やはりこれらのことを考えると、使い捨てマスクの中にガーゼを入れて再利用するのはお勧めできません。

    再利用するなら洗えるマスクがおススメです。
    詳しくはこちら↓の記事をご覧ください。


    スポンサードリンク

  • ・ガーゼを入れて再利用してもウィルス感染予防効果はあるのか
  • まず使い捨ての不織布マスクは洗うと繊維が傷むので予防効果もなくなってきます。

    ガーゼは元々は防寒のためであったり、喉の乾燥を防ぐためのものです。

    それにガーゼは目が粗く、すき間からインフルエンザウィルスはもちろん、コロナウィルスも通してしまうのです。

    ウィルス感染予防のためなら不織布マスクをその都度交換することですね。

    不織布マスクにはフィルターが入っています。

    このフィルターには細菌やウィルスの飛沫、ラテックス粒子と呼ばれるとても小さい粒子を99%カットする効果があると言われています。

    それに比べてガーゼは目の粗い繊維を重ね合わせただけなので、不織布マスクほどの予防効果は期待できません。

    不織布などの使い捨てマスクを使うなら、中にガーゼは入れない、使用は1回限りにするとウィルス感染予防効果が期待できます。

    しかし今はマスクの品薄状態が続いているので、使い捨てではなく洗って再利用できるものをお勧めしています。

    【関連記事】
     ・ マスクの品薄はゴールデンウィーク明けまで続く?再入荷時期

  • ・使い捨てマスクの使用時間
  • 使い捨てマスクは何時間まで使えるというはっきりした時間は決まっていません。

    同じマスクを長時間つけていると雑菌が繁殖します。

    吐息によってマスクが湿ってきたり、臭いがしてきたら交換するといいでしょう。

    使い捨ての不織布マスクは基本的には1日1枚です。

  • ・まとめ
  • 使い捨てマスクの内側にガーゼを挟んでも再利用はお勧めできません。

    ガーゼだけでなくマスク自体も洗わないと意味がないからです。

    使い捨ての不織布マスクを洗うと繊維が傷んで感染予防効果が薄くなっていきます。

    再利用して使うのであれば洗えるマスクの方がコスパもよくて衛生的です。

    スポンサードリンク



    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする