日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

生活

関東甲信地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ?決め方(定義)は?

ゴールデンウィークも終わり、そろそろ梅雨の季節に
入りますね。
これからの旅行などの予定を立てるのに梅雨の時期は
避けたいですね。
関東甲信地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃に
なるのでしょうか。
過去のデータを基に予想しながら見ていくことに
します。

スポンサードリンク

  • ・関東甲信地方の梅雨入りと梅雨明けはいつ頃?
  • ここ最近から初夏日が続いていますね。

    関東甲信地方の梅雨入りはもう迫っているのでしょうか。

    まず関東、甲信地方がどの都道府県にあたるのかですが

    関東地方・・・東京都、神奈川県、千葉県、栃木県、茨城県、埼玉県、群馬県
    甲信地方・・・山梨県、長野県

    過去10年間の梅雨入り時期と梅雨明け時期のデータを見て
    いくことにします。

    2007年  6月22日頃梅雨入り   8月1日頃梅雨明け
    2008年  5月29日頃  〃    7月19日頃 〃
    2009年  6月3日頃   〃      7月14日頃 〃
    2010年  6月13日頃  〃    7月17日頃 〃
    2011年  5月27日頃  〃    7月9日頃  〃
    2012年  6月9日頃   〃    7月25日頃 〃
    2013年  6月10日頃  〃    7月6日頃  〃
    2014年  6月5日頃   〃    7月21日頃 〃
    2015年  6月3日頃   〃     7月10日頃 〃
    2016年  6月5日頃   〃      7月29日頃 〃
    平年(平均) 6月8日頃   〃     7月21日頃 〃

    ※ 出典 気象庁ホームページ「http://www.jma.go.jp/jma/index.html」の
         「昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値):関東甲信」より
         2007年以降のデータを抜粋 

     
    上記の過去10年のデータでは梅雨入りが最も遅いのは2007年の6月22日、
    最も早いのが2011年の5月27日ですね。

    遅い年と早い年では1か月近くも差があることがわかります。

    梅雨入りは例年、6月上旬頃と思っていいでしょう。

     
    梅雨明けについてですが、こちらも最も早いのが2013年の7月6日、
    最も遅いのが2007年の8月1日で約1か月の差があります。

    平均的に梅雨明けは7月中旬頃~下旬頃になると思われます。


    スポンサードリンク

  • ・梅雨入りと梅雨明けはどうやって決まる?定義は?
  • 梅雨入りも梅雨明けも明確な定義があるわけではありません。

     
    梅雨入りの場合、雨や曇りの日が1週間ほど続けば
    その中間の日を「梅雨入りの日」とされています。

     
    梅雨明けも1週間ぐらい晴れの日が続けば
    その中間の日を「梅雨明けの日」とされています。

     
    天候は自然現象なので、やはり人間が梅雨の入り明けを明確に
    するのは難しいようですね。

  • ・まとめ
  • ちょうど梅雨の時期に旅行などのレジャーを予定している人にとっては
    天候は気になるものですが、室内で楽しめるところもありですね。

    梅雨の期間中でも、中休みで晴れる日もありますので
    毎日の天候をチェックしながら予定を立てるといいですね。

    なるべくなら、梅雨の時期にレジャーの予定は入れない方が
    いいかもしれないですね。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -生活
    -,