ノンアルコール除菌シートは新型コロナウィルスの除去効果はある?




コロナウィルス感染がなかなか止まりそうにありません。

コロナ対策にはアルコール消毒がいいと言われています。

物や手にウィルスが付いているのではと心配して、アルコール入りの除菌シートを探してもほとんど見つかりません。

ノンアルコールの除菌シートなら見つかるのですが、ノンアルコールでもコロナウィルス除去効果って期待できるのでしょうか。

アルコール入りとノンアルコール除菌シートのウィルス除去作用に違いはあるのかについてお話します。

スポンサードリンク

  • ・ノンアルコール除菌シートは新型コロナウィルスの除去効果はある?
  • コロナウィルスには薄い膜があり、その膜を破壊すればウィルスは死滅します。

    その薄い膜を死滅させることができるのは、アルコールor次亜塩素酸です。

    ウィルスを死滅させるのに必要なアルコール濃度は70%以上です。

    ということで、ノンアルコール除菌シートではコロナウィルスを死滅させることができません。

  • ノンアルコール除菌シートはコロナウィルス感染の予防効果は?
  • ノンアルコールの除菌シートがコロナウィルスを破壊する効果はないことがわかりました。

    では、コロナウィルスに感染しないように予防することはどうなのでしょうか。

    ノンアルコールシートでも汚れた手や物を拭くには衛生的ですね。

    ウィルスの除去は残念ながら不可能です。

    しかし、抗ウイルス作用のあるノンアルコール除菌シートがありました!

    それがエーザイの「イータック 抗菌化ウエットシート」です。

    イータック抗菌化ウエットシートはノンアルコールですが、拭いたときだけでなく、乾いても1週間は抗ウィルス作用が持続するウェットシートです。

    普通はウェットシート(ウェットティッシュ)の液体が乾いたら抗ウィルス作用はなくなります。

    イータック抗菌化ウエットシートは何が違うのかと言えば、成分ですね。

    イータックは除菌成分である「4級アンモニウム塩」と接着剤となる「シラン化合物」の化学合成で出来ています。

    拭いたものに化学合成された物質が固定されるので、抗ウィルス効果があるということです。

    しかも無香料で手にも優しいのが嬉しいですね。


    スポンサードリンク

  • ・ノンアルコール除菌シートにアルコールを入れたら効果は?
  • ノンアルコールシートにエタノールなどのアルコールを加えたら、アルコール除菌シートと同じ効果があるのでしょうか。

    元々のノンアルコールシートは精製水が多く、その中にアルコールを入れると若干薄まるかもしれませんが、70%以上のアルコールを入れれば、コロナウィルス感染に効果が期待できます。

    市販のアルコール除菌シートのアルコール濃度は60%ぐらいです。

  • ・アルコール除菌シートがない場合の消毒
  • アルコール除菌シートが手に入らない場合、他のもので代わりになるものをご紹介します。

    ほとんどの家庭にあるかと思いますが、中性洗剤塩素系漂白剤です。

    次亜塩素酸が主成分のキッチンハイターが塩素系漂白剤の代表ですね。

    濃度0.05%に薄めるといいとされています。

    薄め方としては、水1リットルに25mL(商品付属のキャップ1杯)を入れるといいですよ。

    塩素系漂白剤は手の皮膚が荒れる原因になりますので、物の消毒に使うようにして下さい。

    また熱湯でも消毒できます。

  • 塩素系漂白剤を使用するときの注意点
  • ・必ずゴム手袋など家事用手袋を使う。

    ・換気をする。

    ・他の薬品は混ぜない。

    ・金属製のものに使うと、腐食したりします。

  • ・まとめ
  • ノンアルコール除菌シートはコロナウィルスを除去することができません。

    コロナウィルスにはアルコールシートが有効です。

    もしアルコール除菌シートが手に入らない場合は、キッチンハイターなど次亜塩素酸が入ったものを使うことができます。

    やはり、家に帰ったらしっかりと手洗いを徹底させることが基本です。

    スーパーなんかにお客様用に置いてあるアルコールで手の消毒もまめにすることが大切です。

    自分たちでできることは徹底させ、コロナウィルスから身を守りましょう。

    スポンサードリンク