シークワーサーのノビレチンが認知症予防になる?1日の摂取量と副作用




シークワーサーに含まれるノビレチンが認知症の予防になるって本当なのでしょうか。

誰もが将来、認知症になるのを防ぎたいものです。

シークワーサーのノビレチンの含有量や効能、1日に必要な摂取量や副作用について見ていきましょう。

スポンサードリンク

  • シークワーサーのノビレチンが認知症予防になる?

  • シークワーサーとは、沖縄で生産される柑橘類の一種です。

    沖縄に行ったことのある人なら、シークワーサーを食べたり、ジュースで飲んだことのある人は多いのではないでしょうか。

    認知症になってしまうと改善するのが難しくなりますので、早いうちから予防しておきたいですね。

    そこで注目されているのがノビレチン

    ノビレチンは、シークワーサーの果皮に含まれるフラボノイドの一種であるポリフェノールのことす。

    柑橘類と認知症に関する研究結果が発表されています。

    国立長寿医療研究センターが13,000人以上の人を対象にした研究結果があります。

    柑橘類を毎日食べている人は週2回以下の人に比べて、認知症になるリスクが14%低下したという結果が出ました。

    また週3~4回食べる人も発症リスクが8%低下したとのことです。

    やはり食べる回数が多い人ほど、認知症になる確率が下がるというわけですね。

    国立長寿医療研究センター長が、ノビレチンは神経細胞活性化して認知症の予防につながると説明されました。

    沖縄の人々はシークワーサーを頻繁に食べるので、認知症になりにくいと言われています。

  • ノビレチンの効能
  • ノビレチンは認知症予防以外の効能もあることがわかっています。

    ・血糖値の上昇を抑える
    ・ガン予防
    ・美容効果
    ・骨粗しょう症予防
    ・血圧の上昇を抑える
    ・慢性リウマチの予防

  • ノビレチンの含有量
  • シークワーサーをはじめ、主な柑橘類のノビレチンの含有量を見てみましょう。


    100g当たりの果皮中のノビレチン含有量です。

    ・グレープフルーツ 1mg
    ・みかん 24mg
    ・ポンカン 127mg
    ・カボス 89mg
    ・シークワーサー 267mg
    ・大宜味村(おおぎみそん・沖縄産)の青切りシークワーサー 620mg

    シークワーサーに含まれるノビレチン含有量が最も多いのがわかりますね。

    特に沖縄県産の青いシークワーサーが半端ないですね。

    青いシークワーサーはまだ完熟しておらず、未熟な状態です。

    完熟したものより、未熟で青いシークワーサーの方がノビレチン含有量が多いのです。

    ノビレチンの他にもクエン酸も豊富に含んでいます。


    スポンサードリンク

  • ・シークワーサーのノビレチン 1日の摂取量
  • 1日に必要な摂取量は3.5mg~11mg程度です。

    ということはシークワーサー4個~13個摂取することになります。

    ノビレチンが含まれているのは果実ではなく、果皮なのでそんなにたくさんの皮ばかり食べられないですよね。

    次は効率的な摂取方法をご紹介します。

  • ・シークワーサーの摂取方法
  • シークワーサーは果糖が少なく低カロリーではあるのですが、料理に使用するとなれば、手間がかかり効率的とは言えません。

    そこでお勧めなのが濃縮したジュースを飲むことです。



    ジュースなら手軽に飲めて効率的にノビレチンが摂取できるのではないでしょうか。

  • ・ノビレチンに副作用はあるのか
  • 副作用の心配はありません。

    しかも低カロリーなので、長期間の飲用も大丈夫です。

    安心して摂取できますね。

  • ・まとめ
  • 今までは何となくシークワーサーってみかんのような果物という意識で、ノビレチンという成分が含まれているのを知らなかった人は多いのではないでしょうか。

    沖縄県産の青切りシークヮーサーのノビレチン含有量がすごいですね。

    できたら毎日ジュースで摂取して、認知症予防や血糖値や血圧の上昇を抑えて生活習慣病予防などに備えたいですね。

    スポンサードリンク