シルバーの指輪をはめたままお風呂に入っても大丈夫?お手入れ方法と頻度




シルバーの指輪って黒ずんだりしやすいですよね。
お風呂に入るときはシルバーリングをはめたままでも
大丈夫なのか気になるところですね。
指輪をはめたままお風呂に入って黒ずんだりしないかが
いちばん不安なところだと思います。
シルバーの指輪をしたままお風呂に入ってもいいのか、
あるいは外してから入るべきかお伝えしていきます。

スポンサードリンク

  • ・シルバーの指輪をはめたままお風呂に入っても大丈夫?
  • ペアリングや結婚指輪にシルバーが使われているものが多いですね。


    お湯だけを使うなら、シルバーリングをしたままお風呂に入っても
    大丈夫です。


    しかし石鹸やシャンプー、コンディショナーを使うと、それらのカスがたまって
    曇りやすくなります。


    もしルビーやサファイア、トルコ石などのストーンがついて
    いるものなら、お湯だけでもはずしましょう。
    ストーンに傷がつくことがあります。


    温泉風呂や入浴剤を入れたお風呂に入れば、シルバーの指輪は
    酸化して黒ずみます。


    温泉に含まれている硫黄や入浴剤の成分にシルバーリングが
    反応して黒ずみます。


    温泉地に行けば、温泉風呂に入らなくてもシルバーリングの
    黒ずみの原因となる物質が空気中に存在していますので、
    温泉旅行に行くなら指輪に限らずシルバーのアクセサリーは
    していかない方がいいでしょう。


    指輪をはじめシルバーのアクセサリーはほとんどがシルバー925
    シルバー950で銀の純度が高いのですが、メッキなど他の金属も
    混ざっています。


    銀は元々酸化しにくいですが、温泉や入浴剤の入ったお風呂に入ると、
    黒ずんだりメッキ部分が剥がれることがあります。


    温泉や入浴剤には気をつけたいですね。


    スポンサードリンク

  • ・シルバーの指輪のお手入れの方法
  • 使った後は布で汚れや汗を拭きとることが必須です。


    私は以前、面倒だったので日頃から拭き取りをしないでいると、
    だんだんシルバーのリングが曇ってきたことがありました。


    ●曇ったときのお手入れ
     曇ったシルバーのアクセサリーは中性洗剤(石鹸や台所洗剤など)で洗うと
     きれいになりますよ。
     洗った後は乾いたタオルで水気を拭き取り、ジップロックなどに入れて
     空気に触れないようにして保管しておきます。


    ●黒ずんだときのお手入れ
     シルバーアクセサリー用の専用クロスで磨くだけでもツヤが出てかなり
     きれいになります。
     ストーンが付いているものはストーンの部分は磨かないようにします。

     クロスには研磨剤が配合されていますので、あまり強く磨くと傷がつきますので
     緩く磨いて下さい。


    他にも重曹やクエン酸を使ったり、歯磨き粉や塩を使って
    黒ずみを取る方法もあります。
    詳しくはこちら↓↓をご覧ください。
    シルバーアクセサリーの黒ずみは重曹やクエン酸で落ちる?おすすめクリーナー

  • ・シルバーの指輪をお手入れする頻度
  • 使った後は毎回、布で汚れを拭き取ります。


    拭き取った後はジップロックなど密封になった袋に入れて、空気に
    触れないようにしまっておきます。


    黒ずんでいなくても10日に1回は専用クリーナーで磨いたり、重曹とか
    クエン酸でお手入れをした方がいいかと思います。

  • ・まとめ
  • シルバーの指輪をはめたままお湯だけのお風呂なら入っても
    大丈夫です。


    ただしシャンプーやコンディショナー、石鹸を使うと、それらのカスがたまって
    曇ることはあります。


    何よりも注意が必要なのは温泉風呂や入浴剤の入ったお風呂には
    シルバーリングは外します。


    シルバーは温泉に含まれる硫黄や入浴剤の成分と反応して
    黒ずみます。


    また温泉地に行く場合はたとえ温泉風呂に入らなくても、シルバーのアクセサリーは
    はずして行くことをお勧めします。

    スポンサードリンク