花粉症にヨーグルトが効くって本当?どんな種類を選ぶ?いつ食べるの? - 日常の悩み解決や役立つ情報サイト

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

花粉症

花粉症にヨーグルトが効くって本当?どんな種類を選ぶ?いつ食べるの?

a-muesli-and-yoghurt-breakfast-100303863

花粉症にヨーグルトが効くってよく聞きますよね。
本当なのでしょうか。

もし本当なら、毎年花粉症でお悩みの方には朗報ですね。

ヨーグルトの性質や花粉症との関連性についてお伝えします。
また即効性はあるのかどうかも解説します。

スポンサードリンク

  • ・花粉症にヨーグルトが効くって本当?
  • 花粉症にヨーグルトが効果的ってよく言われてますが、どうしてヨーグルトと花粉症が
    関係あるのかと疑問に思いませんか。
    結論から言えば、 ヨーグルトは花粉症に効くのは事実です。 

    花粉症を治すと言うより予防の意味ですね。
    なので花粉症の症状が出る前に食べる必要があります。
    症状が出てからでは意味がありません。

    花粉症とはアレルギーの一種で予防するには体質改善する必要があるんです。

    そこでその体質改善に役立つのがヨーグルトに含まれる乳酸菌なのです。
    乳酸菌は整腸作用があることで知られていますね。

    花粉は目や体に付くわけではなく、実は腸の中で花粉を体内に吸収しているのです。
    乳酸菌で腸の働きをコントロールして免疫力をアップさせます。

    免疫細胞にはTh1細胞とTh2細胞の2種類あり、食生活や生活習慣の乱れなどで
    この二つの細胞のバランスが崩れることでアレルギーを引き起こします。

    Th1細胞は、アレルゲンとなる異物を破壊して免疫力を高めます。
    もう一方のTh2細胞は、花粉などアレルゲン対するIgE抗体を作り、花粉症の
    症状を引き起こします。

    Th1細胞とTh2細胞は、どちらかが強くなるともう一方が弱くなるという
    性質を持っています。
    花粉症ではTh2細胞の方が強くなりやすく症状を起こします。

     このTh2細胞を弱めるのが乳酸菌です。 

    乳酸菌を摂ることでIgE抗体を減らして花粉症の症状を抑えます。

    乳酸菌を含んだヨーグルトは便秘改善や美肌効果も期待できるので
    花粉症予防だけでなく日頃から食べる習慣を付けておきたいですね。


    スポンサードリンク

  • ・どんな種類のヨーグルトがいいの?
  • ヨーグルトなら何でもいいわけではありません。
    ヨーグルトの中でも効果があるのとないのがあります。

    まずは砂糖入りは止めましょう。
    砂糖はビタミンを破壊したり、腸内の善玉菌を減らして悪玉菌を増やします。
    無糖のものを選びましょう。

    乳酸菌ですが、多くのヨーグルトのは生きた乳酸菌ではありません。
    腸に届くまでに死滅してしまいます。
    死滅した乳酸菌でも効果はあるとのことですが、
    生きた乳酸菌を摂りたいものです。

    生きた乳酸菌(生きたまま腸に届く)をご紹介します。

    ・L-55乳酸菌
    ・LG21乳酸菌
    ・フェカリス菌
    ・BB536ビフィズス菌
    ・1073R-1乳酸菌
    ・KW乳酸菌

    この6種類のどれかが入ったヨーグルトを選びましょう。

  • ・L-55乳酸菌入り
  • 20150729144452673
    フルーツ入りでとっても美味しいです。
    お子様にもおススメです。
    他にもイチゴ、マンゴ、みかんがあります。

  • ・LG21乳酸菌入り
  • LG21
    無糖で低脂肪、種類が豊富にあります。

  • ・フェカリス菌入り
  • img_01
    ドリンクタイプで飲みやすいです。

  • ・BB536ビフィズス菌入り
  • 16854-large
    酸味を抑えたまろやかな味わいです。
    毎日食べるならコスト的にもリーズナブルになりおススメです。

  • ・1073R-1乳酸菌入り
  • R-1-e1440745466202
    脂肪ゼロ、糖分ゼロでヘルシーです。
    ドリンクタイプもあります。

  • ・KW乳酸菌入り
  • 新プラズマ個食-thumb-298x298-1086
    低脂肪でヘルシーです。
    ダイエットをしている方にもおすすめです。

  • ・いつ食べる?
  • 花粉症の症状が出てからでは効果がありません。

    症状が出る 2か月ぐらい前から食べる
     
    のがいいでしょう。
    ヨーグルトに即効性はありません。

    毎日継続して食べないと意味がありません。

    効果の出方には個人差があり、1ヶ月ほどで効果のある人もいれば
    半年ぐらいかかる人もいます。
    食べ続けてみないことには、わからないものです。

    前の章で6種類の乳酸菌をご紹介しましたが、人によっては
    どの乳酸菌が合うのかは食べてみないと断定できません。

    尚、空腹の時は胃液が薄まっていないので、せっかく摂った乳酸菌が
    腸に届くまでに多くが死滅してしまいます。

    ということは食後に乳酸菌を摂るのが最適ということです。

  • ・まとめ
  • 花粉症予防にヨーグルトは効果が期待できます。
    症状が出てからの即効性はありません。

    ヨーグルトに入っている乳酸菌が免疫力をアップさせます。

    でもヨーグルトならどれでもいいというわけではなく
    生きた乳酸菌を摂ることが大切です。

    花粉症のためだけでなく、便秘解消や美肌効果も期待できるので
    普段からヨーグルトを食べる習慣を身に付けることが重要です。

    スポンサードリンク

    -花粉症
    -,