花粉症で皮膚炎になる原因は?アトピーとの関係は?対策はどうする? - 日常の悩み解決や役立つ情報サイト

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

花粉症

花粉症で皮膚炎になる原因は?アトピーとの関係は?対策はどうする?

2018/08/09

4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_s

花粉症の季節になると、皮膚炎とか肌荒れで
悩まされる人も少なくありません。
皮膚炎も花粉症の症状の1つなのかもしれません。
アトピー性皮膚炎との関連性、アトピーがあると
花粉症にもなりやすいのか疑問です。
花粉症で皮膚炎になる原因は何なのか、またアトピーとの
関連性について解説します。

スポンサードリンク

  • ●花粉症で皮膚炎が起こる原因は?
  • 花粉症の症状と言えば、鼻づまり・鼻水・目の痒み・咳・喉の痛みが主ですが、
    中にはそういった症状がなく皮膚炎など肌トラブルだけの人もいます。

    花粉で皮膚炎を起こすことがあるのでしょうか。
     実は花粉は鼻や喉、目だけでなく、皮膚にも影響を及ぼします。 

    このような花粉症皮膚炎が最近注目されるようになってきました。
    肌トラブルが起きやすいのは春先が多く、この時期は乾燥もしやすいのです。
    春に飛散する花粉はスギとかヒノキが多く、その花粉が皮膚に付着して
    炎症を起こすのです。

    肌の毛穴は直径約200ミクロン、花粉は直径約30ミクロンほどと言われます。
    花粉が毛穴に侵入して詰まって肌トラブルを起こすこともあります。

    花粉が飛散する春先は乾燥しやすい季節でもあり、また紫外線の影響も受けるので
    肌のバリア機能が低下します。
    バリア機能が低下すると肌の乾燥も進み、花粉の刺激からも守れなくなります。
    その結果、皮膚炎を起こすようになるのです。


    スポンサードリンク

  • ●アトピーとはどんな関係がある?
  • 花粉症もアトピーもアレルギーが原因です。
    アトピーの人は花粉もアレルゲンとなって症状が出やすくなります。

     花粉症とアトピーは関係が深いと言えるのです。 

    アトピー性皮膚炎がある人の約半分ぐらいの人が花粉によるアレルギー性鼻炎
    あると言われています。

    特に目の周囲や鼻の下に皮膚炎を起こしやすくなります。
    アトピー性体質だと花粉が飛散する春先に湿疹や肌の痒みの症状が
    出やすいです。

    アレルギー性皮膚炎を起こすアレルゲンの検査をしてみるといいでしょう。
    耳鼻科や皮膚科で採血してアレルゲンを調べてもらうことができます。

  • ●対策
  • 肌を花粉からガードすることが大切です。

  • ・目の周囲を守る
  • まぶたや目の下に肌トラブルが起きやすいので、外出の時には
    花粉用メガネの使用がおススめです。
    普通のメガネでもOKですが、花粉用の方がブロックが優れています。

    また顔にもパウダーをつけておくと花粉防止になります。

  • ・かゆい部分を冷やす
  • 目の周りや他の部分がかゆくても触らないことです。
    よく冷やしたタオルをあてると痒みを抑えることができます。

  • ・洗顔する
  • 外出から帰宅したら、できるだけ早く洗顔して顔に付いた花粉を
    洗い流しましょう。
    また体全体もシャワーを浴びると花粉を早く落とすことができます。

  • ・血流を良くする
  • 血流を良くすると、肌も花粉の影響を受けにくくなります。
    お風呂の時は湯船にもしっかりと浸かりましょう。
    内臓が冷えると、血流も悪くなるのでお腹が冷えないように
    しっかりと保温しましょう。

  • ・保湿をする
  • 肌の乾燥が花粉も付きやすくします。
    化粧水や美容液などを使って保湿しましょう。
    こすりつけると肌を刺激するのでポンポンと叩くようにしてつけます。


  • ・まとめ
  • 花粉は鼻・喉・目だけでなく皮膚にも影響を及ぼします。

    花粉が皮膚に付着すると刺激を受けたり毛穴に詰まったりで肌トラブルの
    引き金となります。

    またアトピー体質だと花粉にもアレルギー反応を起こし、
    花粉症とアトピーは深い関係があります。

    外出の時は目元を守ったり、保湿対策をして花粉からしっかりと
    ガードしましょう。

    スポンサードリンク

    -花粉症
    -,