お年玉を上司の子供にあげてもいいの?渡す範囲はどこまで?渡し方のマナーは? - 日常の悩み解決や役立つ情報サイト

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

お正月

お年玉を上司の子供にあげてもいいの?渡す範囲はどこまで?渡し方のマナーは?

106666

お正月の子供の楽しみであるお年玉、あげる側である大人は
自分の夫あるいは自分の上司の子供にあげてもいいのか
案外と悩むものです。
しかし、お年玉は目上から目下の立場になる相手に
渡すものです。
子供にとってはお年玉は嬉しいものですが、あげる大人は
あげる相手はどこまでなのか、渡し方のマナーをご紹介
しますので大いに役立てて下さい。

スポンサードリンク

  • ・お年玉を上司の子供にあげるのはNG?
  • お年玉は元々は、年神様からのお下がりのお餅のことでした。
    家長から家族、主人から使用人へ贈られていました。
    お餅から、いつの間にか「お金」になったのですが。

    いわゆる 目上の人から目下への贈り物 です。

    お正月の間に上司の家に招かれる機会があったりで、上司の子供にお年玉を
    あげるべきかと迷う人もいるでしょう。
    しかし、お年玉は目上から目下へあげるものです。
    目上にあたる上司の子供にお年玉をあげるのは失礼になります。

    279570

    日頃からお世話になっている上司の子供にもお年玉に相当するものを
    あげたいと思うなら、「玩具料」または「文具料」という名目にするか
    お菓子
    をあげるのが良心的です。
    また図書券でもいいでしょう。

    お年玉としてお金をもらったら子供は喜びますが、上司やその家族に
    失礼なのでは?ととる人もいます。

    お正月に上司やその家族に会うことがあっても上司の子供にお年玉を
    あげるのは慎みましょう。


    スポンサードリンク

  • ・お年玉はどこまでの範囲にあげたらいいの?
  • お年玉をあげるのは自分の子供はもちろんですが
    親戚など、どこまであげたらいいのかといつも戸惑っていませんか?

    一般的には、普段からどれだけ親密に付き合っているかという「お付き合いの度合」
    あげる対象を決めることが多いですね。

     あげる範囲は甥っ子や姪っ子など親戚、親しい友人や知人の子供までです。 

    たとえ親戚であっても普段会うことのない子供には渡す必要はありません。

    あまり親しくない場合は、お互いに気を遣うことになるので
    臨機応変に対処したいものです。

  • ・渡し方のマナー
  • お年玉を渡す時はきちんとマナーも守りましょう。
    具体的にどういったことを守ればいいのかをお伝えします。

    ・必ずポチ袋に入れましょう。

     0e2a332098e8281d32d3f785dbb6f300_s

     いくら親しい相手でも裸銭で渡すのはマナー違反です。
     ポチ袋を使うことによって、「お金は大切なもので自分のために用紙してくれた」という
     お金の大切さと喜びの気持ちを高めます。

    ・ポチ袋には必ず名前を書きましょう。
     ポチ袋の表には相手の名前を、裏側には自分の名前を書きましょう。
     そうすることによって、渡し間違いを避けることになり
     もらった相手も誰からもらったというのが後から見てもわかります。

    ・新札を使いましょう。
     お年玉はお祝い事と同じように事前に新札を用意しておきましょう。
     シワなどはないお札を年末にある程度揃えておきたいものです。

    ・「四」のつく金額や四つ折りは避けましょう。
      「4」はどうしても「死」を連想してしまうので避けましょう。
      相場的に4000円となる場合もあり、そこまで気にしない人も
      いますが、できたら4500円にするほうがいいでしょう。

      また四つ折りではなく三つ折りにしましょう。

     ・お札の入れ方もお祝い金と同様にしましょう。
      もらったほうが金額がわかりやすいように入れるのがマナーです。
      表となる肖像が描かれた面が内側になるように左から右へ小さく三つ折りにして、
      袋の正面から出して広げると表がすぐにわかるように入れましょう。
      
      硬貨のときは、金額が刻印された表を袋の正面に向けて入れます。

    ・お年玉は相手の親がいるところで渡しましょう。
     子供にとってお年玉をもらうことは嬉しいものですが、親に黙っていたり
     する子もいるので、必ず親のいるところで渡しましょう。
     お年玉をもらったら親が管理したり、「御礼」が必要と考える場合もあるので
     必ず親の前で渡すようにしましょう。

    このように子供にお年玉を渡す時はマナーもきちんと守りたいですね。

  • ・まとめ
  • お年玉は目上から目下へあげるものです。

    あげるなら普段から付き合いのある親戚の子供、友人や知人の子供です。
    目上にあたる上司の子供にお年玉をあげるのは失礼になるので
    その代りに「玩具料」として渡すか、お菓子とか図書券にするのが
    いいでしょう。

    お年玉を渡す時は、新札で必ずポチ袋に入れて相手の親の前で
    渡すようにしましょう。

    スポンサードリンク

    -お正月
    -,