日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

生活

妊娠中の風邪薬は危険?飲んでしまったら?漢方の葛根湯は大丈夫?

2018/07/28

149961

妊娠中は何かと神経質になるものです。

風邪をひいてしまったけど風邪薬はダメなのか
あるいは飲んでしまったけど赤ちゃんに影響は
出ないかと心配になるものです。

正しい知識を持って、妊娠中の風邪に
対応すれば心配することはありません。

スポンサードリンク

  • ・妊娠中に風邪薬を飲むのは赤ちゃんに影響ある?
  • 妊娠がわからない時期に風邪薬を飲んだことありませんか?
    それは後になって妊娠していることがわかったという初期の時です。

    また妊娠中に風邪をひいてしまったけど、風邪薬を飲んで
    もし赤ちゃんに何か悪い影響があるのではと
    心配になりますよね?

    実は、妊娠中でも風邪薬を飲んでもいい時期と避けた方がいい時期が
    あるんです。

     いちばん避けた方がいいのは、妊娠4週~7週です。 

    この頃は、赤ちゃんの器官とかの基礎ができる時期なのです。
    細胞分裂がされ、妊娠中で最も影響の受けやすい頃です。

    妊娠0週~3週なら、
    風邪薬を飲んでも大丈夫です。
    まだこの頃は妊娠に気づいていない場合が多く、胎児も影響を
    受けるほど育っていません。

    妊娠8週以降になると、安定期に入り器官もできているので
    薬の影響は受けにくくなります。

    しかし自己判断をしないで、風邪薬を服用したいときは
    産婦人科医の指示に従いましょう。

    市販薬は動物実験で赤ちゃんに奇形などの影響がないと
    いう結果が出ているので、それほど心配する必要はありません。

    妊娠中は特に風邪を引かないようにしたいものですが、
    万が一引いてしまって風邪薬を考える場合は、
    0週~3週以外は産婦人科医に相談してみるべきですね。


    スポンサードリンク

  • ・もし飲んでしまった場合は?
  • 妊娠初期の0週~3週の間でしたら問題ありません。

    しかし4週以降になってから風邪薬を飲んでしまったとなると、
    妊婦さんにとっては非常に心配になるものですが
    ほとんど影響はありません。

    特に短期間であれば心配は不要です。

    いちばん心配なのが赤ちゃんが奇形児にならないかということだと
    思いますが
     薬によるものではなく、受精卵に原因がある と言われています。

    妊娠中に風邪薬を飲んでしまって、どうしても心配な時は
    産婦人科にその薬を持参して調べてもらいましょう。
    市販薬なら、たいてい問題ありません。

  • ・漢方の葛根湯は飲んでも大丈夫なのか?
  • 基本的に漢方は即効性はありませんが
    ゆっくりと効果が出てくるものです。

    注目の葛根湯は漢方の根湯から抽出したエキスが入っており、
    鎮静作用と首筋の凝りをとる作用があると言われています。

    葛根湯には錠剤、液体、顆粒とあり、美味しいものではありません。

    市販のものもありますが、産婦人科では風邪を引いた妊婦さんに
    よく処方される漢方です。

    安全な薬とされており、妊婦さんが飲んでも大丈夫だと
    いうことです。

    市販薬よりもできるだけ産婦人科で処方してもらいましょう。

  • ・まとめ
  • 妊娠中の風邪薬の服用は、 赤ちゃんの器官が形成される4~7週は特に
    避けましょう。
     
    この時期以外なら大丈夫だと言えますが、
    自己判断はやめて風邪を引いたと思えば、産婦人科医に
    診てもらいましょう。

    風邪薬で奇形児が生まれるのではと心配になる人は
    多いですが、薬よりも受精卵に問題がある場合が
    ほとんどです。

    産婦人科では妊婦さんの風邪には葛根湯が
    処方されることが多いです。

    漢方の方がより安全性が高いということです。

    スポンサードリンク

    -生活