便秘にヨーグルトは効かない?ココアは?効果的な食べ物は? - 日常の悩み解決や役立つ情報サイト

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

健康

便秘にヨーグルトは効かない?ココアは?効果的な食べ物は?

2018/07/28

93ce804f113404c7c214172a58390cdd_s

便秘している時にヨーグルトやココアを飲んだら
改善するって聞きますよね。
それが本当なのか解説します。

また、便秘に効く食べ物にどんなものが
あるのかもご紹介します。

スポンサードリンク

  • ・便秘にヨーグルトは効果なし?
  • ヨーグルトが便秘に効くのかどうかは菌が関係しているのです。

    便秘ぎみの人は、腸の中の悪玉菌が優勢になっているんです。
    そこへ善玉菌を送ってやる必要があります。

    その善玉菌というのがビフィズス菌のことなのです。

    ヨーグルトを食べても便秘が治らない(効果なし)と言う方は、
    このビフィズス菌の入っていないヨーグルトを食べているからだと
    言えるのです。

    ビフィズス菌なら大腸まで届き、腸内の細菌を整えてくれる
    作用があるんです。

    もう1つヨーグルトが効果がないと思われる理由は
    食べ過ぎにある場合もあります。
    ヨーグルトを食べ過ぎると、体を冷やして腸の運動機能低下となり
    便秘となります。

    便秘を改善するにはヨーグルトを食べ過ぎず、ビフィズス菌入りの
    ヨーグルトを選ぶことに意味があるんです。

    しかし、酷い便秘の人になるとビフィズス菌を摂取する
    だけでは改善されにくいことがあります。

    そういう場合には、オリゴ糖を併用することをおススメします。

    オリゴ糖の力でヨーグルトを多めに食べなくてもビフィズス菌
    増やすことができるのです。


    スポンサードリンク

  • ・ココアは便秘解消に効果的?
  • ココアは大人よりも子供が好む飲み物ですが、実は
    その ココアが便秘に効果的 であることがわかっています。

    便秘は女性に多く、酷い人になると1週間以上という場合もあります。
    そうなると、お腹がスッキリとしないで不快感を感じるようになります。

    ココアにはリグニンという成分を含んでいます。

    このリグニンは、悪玉菌を減らして善玉菌を増やす作用をします。
    また腸の働きを活性化させ、不要物の排出を促進します。

    ココアを便秘改善のために飲むなら、朝食前が最適です。
    食べる前なら、胃が空の状態で腸の働きが良くなって
    老廃物の排出を促進させるからです。

    ちなみにダイエット目的なら、夕食後が最適です。
    ココアは食欲や脂肪の吸収を抑える作用があるからです。

    便秘で悩むなら、コーヒーや紅茶は控えてココアを積極的に
    飲みましょう。

  • ・便秘に効果的な食べ物とは?
  • 便秘の時は、腸の働き具合が低下しているので
    良くする成分を含んだ食べ物を摂ることが大切です。

    便秘に有効な食品をご紹介します。

    ●納豆・・・食物繊維が豊富で腸の善玉菌を増やします。
           主な原料である大豆にはオリゴ糖が含まれているので
           善玉菌を増やすのを助けます。

    ●シリアル・・・小麦やとうもろこしなどの食物繊維が豊富で
             朝食に食べるのがおススメです。

    ●バナナ・・・水溶性、不溶性の両方の食物繊維を含み
            腸の機能を改善します。
            熟しているものより、まだ青みがあるのがおススメです。

    ●オリーブオイル・・・オレイン酸を含み、腸の働きを活発にさせます。

     食物繊維を含んだ食品を摂る のが効果的です。

  • ・まとめ
  • 便秘解消目的でヨーグルトを食べるなら
    ビフィズス菌配合のものを選ぶことが重要です。

    ヨーグルトの他にも食物繊維を含んだ大豆、シリアル、バナナ
    摂ると効果的です。

    またココアにも腸の働きを活発にさせる成分を含んで
    いるのでおススメの飲み物です。

     

      

    スポンサードリンク

    -健康
    -,