ファーストフードは体に悪い?栄養価は?太りやすい? - 日常の悩み解決や役立つ情報サイト

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

健康

ファーストフードは体に悪い?栄養価は?太りやすい?

2018/07/28

tabemono_food01_d_01
ファーストフードは身近にあって便利ですが
健康面やダイエットをする上では賛否両論です。
ファーストフードを食べる時には、ドリンクなどの
組み合わせも考慮する必要があります。
ファーストフード大好きな方はぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

  • ・ファーストフードは体に悪い?
  • ファーストフードはボリュームもあり、味が濃い目、油の量も多く、しかも野菜不足に
    なりがちなので決して 体にはいいものではありません。 

    ファーストフードは、ポテト・アップルパイ・チキンなど揚げ物が多く
    この時に使う油がショートニングです。

    体に悪いと言われている成分「トランス脂肪酸」を多く含み、心臓疾患のリスクが
    高いと言われています。

    またこのトランス脂肪酸を多く摂ると、脳にも影響を及ぼし精神が不安定に
    なりやすくなります。
    ファーストフードをよく食べる人には、うつ症状があったりイライラ感の
    ある人が多いというデータがあります。

    また塩分も多いので高血圧になる率が高くなります。

    ファーストフードを食べるなら、単品だけ購入して持ち帰る、あるいは
    サラダか野菜スープを一緒に取るのがおススメです。

    店内で食べるよりテイクアウトした方がいいのは、店内に長居していると
    つい追加注文したくなってカロリーオーバーになりがちになるからです。
    セット注文した方がお得感がありますが、健康を考えるなら
    控えましょう。

    ハンバーガーなどのジャンクフードは美味しくて満腹感があるのですが
    食べるならせめて1ヶ月に1回程度にしたいものです。


    スポンサードリンク

  • ・栄養価はどのくらい?
  • まず理想的な食事比率をご紹介します。

    炭水化物:5/8
    タンパク質:1/8
    野菜:2/8

    ハンバーガーなどのファーストフードはこのような比率になって
    おらず、非常に栄養バランスが悪いと言えます。

    特にビタミンや食物繊維が不足になります。

    ハンバーガーにレタスが入っているのがありますが、せいぜいレタス2~3枚では
    十分ではありません。

    サイドメニューにサラダがありますが、これも生野菜で量が多く見えるのに
    必要な量ではありません。

    ドリンクの一種であるシェイクは子供が大好きですが、糖分が多いですね。
    このシェイクにはカルシウムが豊富に含まれているので、良さそうには
    思えますが糖分の摂りすぎが懸念されています。

    やはりファーストフードは、高カロリー・塩分が多い・脂肪が多い
    ビタミンやミネラル、食物繊維が不足するので栄養価が高いとは
    言えません。

  • ・ファーストフードは太るの?
  •  脂質が多いので太りやすい です。

    よくあるセットメニューにはハンバーガーとフライドポテトの組み合わせが
    多いですね。
    それらには脂肪分が多く、同時に食べると
    インシュリンが多く分泌されて吸収されやすく、体脂肪になりやすいです。

    因みにマクドナルドのポテトのカロリーは下記になります。

    マックフライポテト(S) ……249kcal
    マックフライポテト(M) ……454kcal
    マックフライポテト(L) ……571kcal

    ポテトだけでもこれだけのカロリーがあるので、あっという間に1日に
    必要なカロリー(2000カロリー)の半分は超えてしまいます。

    よほど運動してカロリーを消費しない限り、流石に太りやすいと言えますね。

  • ・まとめ
  • 安くて便利なファーストフードですが、高カロリー・脂質が多い・
    塩分が多い・野菜不足になる
    ということで体には良い食べ物ではありません。

    生活習慣病や精神面でも悪影響があるという報告があります。

    ダイエットをしている人、太りたくない人はファーストフードを
    控えたいですね。

    スポンサードリンク

    -健康
    -,