梅雨時に体調不良になるのはなぜ?対策と予防 おすすめの食べ物 - 日常の悩み解決や役立つ情報サイト

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

病気

梅雨時に体調不良になるのはなぜ?対策と予防 おすすめの食べ物

2017/02/04

f4752f1bee00f7f09dfeeb79b1076862_s

梅雨の季節になると、体調不良になる人は少なくありません。
一体、何が原因なのでしょうか。
梅雨と身体は関連性はあるのでしょうか。
体調不良に陥る理由、対策と予防するにはどうすればいいのか
またどんな食べ物を摂ったらいいのかについてお伝えします。
毎年、梅雨時に体調不良になる方は必見です。

スポンサードリンク

  • ●梅雨時に体調不良になる原因
  • 梅雨時になると、頭が痛い・体がだるい・胃腸の調子が悪い・食欲不振・無気力感などの
    症状になる人がいます。

    梅雨の頃になると低気圧の日が多くなります。

    身体は気圧によって自律神経のバランスが変動します。
    交感神経と副交感神経のバランスのことですね。

    ・交感神経・・・体を活発に活動させる時に働く神経

    ・副交感神経・・・体がゆったりとしている時(リラックス)に働く神経

    お天気の良い高気圧の日には交感神経が働き、お天気の悪い低気圧の日には
    副交感神経が働きます。

    本来この二つの神経はバランスを保ちながら働くものですが、どちらかの方の
    働きが強くなることで体調が崩れやすくなる
    のです。

    低気圧の日に副交感神経の働きが強くなり、血圧が低下して細胞へ行き渡る酸素の量も
    減少するので身体の機能も下がってしまうのです。

    梅雨の時に体がだるい、頭痛、無気力などになるのは副交感神経の方が強く
    働くから
    なのです。


    スポンサードリンク

  • ●梅雨時の体調不良の対策と予防
  • 梅雨の時に体がだるい、頭痛などの体調不良を感じたらゆっったりと休息することが大切です。

    そのためには入浴が効果的です。
    40℃ぐらいのぬるま湯での半身浴がお勧めです。

    お風呂で汗をかくと汗腺の働きが良くなって熱が体に溜まりにくくなります。
    その結果、体がすっきりとするようになります。

    そしてお天気の良い日は積極的に外出することをお勧めします。

    また朝起きた時にはまず日光を浴びましょう。

    仕事をしている人は昼休みだけでも外に出て太陽の光を浴びましょう。

    光を浴びると体内時計が整ってよく眠れるようになると言われています。

    十分な睡眠を取ることで精神的にもリラックスできて疲れた体を回復します。

    103140

  • ・予防するには
  • 梅雨の時に体調不良になるのを予防するなら、まずは
    規則正しい生活をすることです。

    早寝早起きを心掛け、十分な睡眠を取ることで身体の免疫力をアップさせることで
    気圧の変化による体調不良をある程度は防ぐことができます。

    次に入浴も重要です。

    朝起きた時にすっきりとしない場合は少し熱めのシャワーを浴びると
    交感神経が働きやすくなります。

    そして夜は、ぬるま湯のお風呂にゆっくりと浸かることで副交感神経の
    働きが良くなります。

    このように朝晩シャワーや湯船に浸かることで自律神経のバランスが
    整います。

    神経痛や関節痛のある人は湯船にゆっくりと浸かることで傷みが和らぎます。

    お天気の良い日はできるだけ太陽の光を浴びることで精神面でも安定させる
    ことができます。

  • ●梅雨時に体調不良になった時のおすすめの食べ物
  • 体調不良の時におすすめの食べ物をご紹介します。

    ・体がだるい、疲労感がある時・・・ビタミンB(豚肉、レバー、納豆など)

    ・汗が出にくい時・・・発散作用のあるネギ、しょうがなど

    ・食欲不振の時・・・らっきょう、ゆずなど(食欲を増進させます)

    塩分の多い物、油っぽいもの、甘いものは避けましょう。
    体がだるくなったり、浮腫みの原因となります。

  • ●まとめ
  • 梅雨の季節に体調不良になるのは自律神経のバランスが
    悪いからです。

    日頃から規則正しい生活をし、お風呂ではぬるま湯で半身浴をすることが
    お勧めです。

    晴れの日には外出する機会を作って太陽の光を浴びましょう。

    免疫力をつけておくことが大切です。

    偏食しないで塩分の多い物や油っぽいもの、甘いものは控えましょう。
    食べ物によっても体がだるくなる原因になります。

    以上のことに気をつけながら、うっとうしい梅雨を乗り切りましょう。

     

    スポンサードリンク

    -病気
    -,