二の腕のブツブツは太っているとできやすい?潰すとどうなる?治し方

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

美容

二の腕のブツブツは太っているとできやすい?潰すとどうなる?治し方

二の腕のブツブツと太っている人は
関係があるのでしょうか。
やはり夏ですと、二の腕が見える服を
着ることが多いですので気になりますね。
そのためにも何とかして治しておきたいですよね。
二の腕にぶつぶつができる原因や治し方について
お伝えしていきます。

スポンサードリンク

  • ・二の腕のブツブツは太っている人にできやすい?
  • まず二の腕にできるブツブツは、
    毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚病です。

    これは毛穴のトラブルで、毛穴の周りの角質層が厚くなって
    角栓が毛穴を塞いでいることを言います。

    やはり太っている人がなりやすい傾向にあります。

    太っている人は暴飲暴食や栄養バランスも偏りがちの人が
    多いので、肌トラブルも起こしやすくなります。

    もちろん太っている人だけでなく、遺伝性肌の弱い人にも
    見られます。

    両親のどちらかが毛孔性苔癬の症状があれば、遺伝する確率は
    高くなります。

    男女は関係なく、10代の人に圧倒的に多い症状です。

    年齢と共に治る場合が多いですが、女性の場合は
    妊娠や出産がきっかけとなって発症することもあります。

    二の腕のブツブツは痒みや痛みはなく、細菌性に
    よるものではありません。

    また、ニキビのように皮脂の多い箇所で発症するわけでもありません。

    ただ、夏はブツブツの二の腕が見える服装をすることが
    多くなるので見た目を気にする人が多いです。


    スポンサードリンク

  • ・ブツブツを潰すとどうなる?
  • 二の腕のブツブツはニキビとは違うものの、潰すのはNGです。

    気になるからと思って潰すと、毛穴が大きくなったり
    潰すというダメージによって肌が傷み、乾燥しやすく
    なります。

    そして色素沈着を起こし、それが目立つようになったり
    します。

    二の腕のぶつぶつもニキビと同様に潰すのは厳禁です。

    しっかりと治すことに集中しましょう。

    次章では治し方についてお伝えします。

  • ・二の腕のブツブツの治し方
  • 二の腕のブツブツを治すには、角質を除去して保湿する必要があるのですが、
    市販の治療薬のほとんどに「尿素」が含まれています。

    しかし、「尿素」を使って一時的に肌がきれいになることは
    ありますが、使い続けていると敏感肌になって炎症を
    起こしやすくなるんです。
    知っていましたか。

    尿素を習慣的に使っていると、角質が剥がれやすくターンオーバーが
    促進されて、かえって乾燥肌になったりします。

    一時的ではなく、肌の状態を維持してケアをする必要
    あります。

    そのためにぴったりなのが「ウデセレブ」というクリームです。

    角質除去はもちろん、保湿しながら美白効果や消炎効果が期待でき、
    口コミでも二の腕がきれいになったと評判のクリームです。

    無添加で使い方も簡単、朝と夜の1日に2回つけるだけです。

    ブツブツ訴求

    また、甘い物は控えてバランス良い食生活をすることも
    大切です。

  • ・まとめ
  • 二の腕にブツブツができるのは、太った人に多い傾向があります。

    男女関係なく、10代に多く肌の弱い人や遺伝によって
    起こることもあります。

    二の腕のブツブツはニキビとは違いますが、
    潰すのはやめておきましょう。

    治療には「尿素」が有効と言われていますが、あくまでも
    一時的なものであまりお勧めできません。

    根本的に肌の状態を維持しながら、ケアすることが大切です。

    食生活においてもバランスが摂れているか見直しして
    おきたいですね。

    スポンサードリンク

    -美容
    -,