日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

健康

ファーストフードは健康被害がある?栄養バランスを摂るには?幼児には?

2018/07/26

a7697a8b70dc693f0205b72d70f4500c_s

ハンバーガーなどのファーストフードは安くて簡単に
済ませることができる食品です。

しかし健康面では悪くないのか、栄養失調にならないのか
幼児に食べさせてもいいのか、知っておくべきことを
ご紹介します。

スポンサードリンク

  • ・ファーストフードは健康に悪いのか?
  • 若い人を中心にファーストフードのお店は気軽で安くて済むので、便利なのですが、
     健康面から考えると決して良いとは言えません。 

    塩分や脂肪分がかなりあり、高カロリーでコンパクトなため満腹感が少ないですね。
    そのため、間食が多くなりがちで肥満へと繋がっていきます。

    ファーストフードは基本的に肉料理であって、欧米型の食事による生活習慣病の
    危険度がアップし
    ます。

    コレステロール値も上がりやすく万病の原因になりやすく
    ”少しぐらいなら大丈夫” という油断は禁物です。

    どうしても食べたいという人は頻度を減らし、たまに食べるように
    しましょう。


    スポンサードリンク

  • ・栄養バランスを摂る方法
  • ファーストフードのみだと、どうしても栄養が偏り
    がちになります。



    どうしても食べるなら一緒に野菜ジュースを飲むか、野菜サラダを取ると
    いいでしょう。

    150474m

    ただし、サラダにもお肉が入っていたりドレッシングが
    濃かったりするので、あまりサラダにこだわるのも良くありません。

    野菜増量を考えれば、サブウェイのサンドウィッチがおススメですね。

    いちばん理想なのは、 家で栄養バランスの摂れた食事を心がけるように
    して外食はたまにする 
    程度です。

  • ・ファーストフードは幼児には健康被害がある?
  • よく街中では幼児を連れてファーストフード店で食事をしている親子を見かけますが、結論から言って
    幼児にはファーストフードを食べさせるべきではありません。

    ハンバーガー大国のアメリカでは肥満児が問題になっています。

    幼児の頃に食べたものの味覚をずっと覚えていると言われています。

    やはりファーストフードの味に慣れてしまうと、野菜や魚などを
    食べなくなったりと好き嫌いが出てくるようになります。
    味覚障害になってしまいます。

    またファーストフードには添加物も多く含まれているので
    将来アレルギーを発症しやすくなります。

    添加物は他の食品にも含まれていますが、ファーストフードは
    特に多いと言われているので注意しましょう。

    幼児にはお母さんの愛情のこもった手料理を食べさせたいものです。

  • ・まとめ
  • ファーストフードは全般的に塩分や脂肪分が多くて高カロリー食なので
    健康を考えるなら極力控えましょう。

    どうしても食べる場合は、野菜サラダか野菜ジュースも一緒に
    取るようにするのがおススメです。

    しかし、サラダに付いているドレッシングが高カロリーなことも
    あるので要注意が必要です。

    幼児にファーストフードは、将来の健康面や偏食しがちに
    なるので避けましょう。

    家庭で栄養バランスを考慮した手料理を食べさすことが
    必要です。

    スポンサードリンク

    -健康
    -,