鮭のアスタキサンチンのシミやしわの改善効果!効果的な食べ方

女性にとってシミやしわは美容の大敵ですね。
この夏、紫外線の影響を受けていませんか。
実は鮭に含まれるアスタキサンチンにはシミやしわを改善する効果があるんですよ。
知っていましたか。
これからの季節は鮭がおいしい時期ですね。
鮭に含まれるアスタキサンチンの美肌効果や、より効果を発揮する食べ方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

  • ・鮭のアスタキサンチンのシミやしわの改善効果
  • 鮭の赤い部分に「アスタキサンチン」という成分が含まれています。


    このアスタキサンチンにはビタミンEの1000倍、ビタミンCの3000倍もの抗酸化作用
    あり、シミやしわを改善する美肌美白効果があるんです。


    肌の酸化が進むと、シミ・しわ・たるみなどが表れるようになります。

    紫外線はもちろん、ストレスや暴飲暴食も酸化を促進させます

    これを防ぐのが抗酸化作用なのです。

    酸化を防ぐには抗酸化力のある食材を摂る必要があり、
    その中でも特に優れた抗酸化作用を持つのが鮭なのです。


    鮭の中でも特に多くアスタキサンチンを含むのが紅鮭です。

  • 美白効果
  • 紫外線やストレスなどで酸化が進むと、メラニン色素が発生してシミの原因となります。


    アスタキサンチンの抗酸化作用でメラニン色素を抑え、シミを予防します。

  • 潤い効果
  • お肌は紫外線の影響で活性酸素が増えると、コラーゲンを減少させます。

    コラーゲンが少なくなれば、ハリとか弾力が失われてシワやたるみの原因となります。

    鮭が持つアスタキサンチンが活性酵素(酸化)を防ぎ、コラーゲンが減るのも抑制します。

    というわけで、しわやたるみの防止もできるのです。


    アスタキサンチンは美白美肌効果だけではありません。


    スポンサードリンク

  • ・アスタキサンチンは体のサビを防ぐ
  • アスタキサンチンはお肌のサビ(酸化)を防ぐだけでなく、血管や脳のサビも予防します。


    どういうことかと言うと心筋梗塞や脳卒中、認知症なども予防するのです。

    またガンも予防します。


    ストレスや生活習慣、老化など様々な影響で体内に活性酵素が増加します。

    活性酵素が増えると、体の酸化(サビ)も進んで病気を引き起こすようになります。


    強力な抗酸化作用のあるアスタキサンチンが体のサビの原因となる活性酸素を抑えるのです。

  • 免疫力を高める
  • アスタキサンチンは肌や病気予防の他にも免疫力をアップさせる効果もあります。


    体内の細胞の酸化を抑制することによって、風邪を引きにくくなったり、疲労回復を促進します。


    鮭は老若男女問わず、積極的に摂りたい食材ですね。

  • ・アスタキサンチンの効果を高める食べ方
  • 鮭は焼いて食べることが多くないですか。

    わが家もいつもムニエルなど焼いて食べています。

    しかし、焼くよりも煮たり蒸した方が倍のアスタキサンチンが摂れるんですよ。

  • 鮭のレシピ
  • ●秋鮭の甘鮭煮

    【材料】(2人分)

      ・生鮭 250g 
      ・塩  少々
      ・糀甘酒  大さじ2
      ・冬瓜  300g
      ・鮭の皮  適量
      ・サラダ油  適量
      ・塩  適量
      ・すだちの皮  適量

    【煮汁】

      ・出し汁  800cc
      ・しょうゆ  大さじ1
      ・生姜の薄切り  10g
      ・糀甘酒  300cc   

    【作り方】

    1. 生鮭の皮を切り取り、身を一口大に切って塩を振ってしばらく置く。出てきた水分は拭き取る。

    2. 1の鮭に糀甘酒をかけ、30分ほど漬けこむ。

    3. 冬瓜は食べやすい大きさに切って、四隅を面取りする。

    4. 鍋に煮汁のだし汁・しょうゆ・生姜・冬瓜を入れて中火にかけ、
      柔らかくなったら糀甘酒と2の鮭を入れてゆっくりと火を通す。

    5. 1で取り置いた鮭の皮を細切りにして、サラダ油でかりっと揚げ、塩を振る。

    6. 器に4と煮汁をたっぷりかけ、5で揚げた皮をのせて、すだちの皮をすりおろす。

    出典: cookpad 秋鮭のふんわり甘酒煮



    ●鮭の蒸し煮

    【材料】(2人分)

      ・塩鮭  2切れ 
      ・キャベツ  1/4個
      ・玉ねぎ   1/2個
      ・顆粒鶏がらスープ  適量
      ・水  200cc   

    【作り方】

    1. キャベツと玉ねぎは5㎝幅に切る。

    2. フライパンに切ったキャベツ、玉ねぎの順に敷き、顆粒鶏がらスープを適量かけ、鮭を食べやすい大きさにして並べる。

    3. フライパンの蓋をして強火にかけ、沸騰したら中火にする。水気がなくなるまでフライパンを揺すりながら煮る。

    出典: cookpad 鮭の蒸し煮



    ●塩鮭ともやしの蒸し煮

    【材料】(2人分)

      ・塩鮭  2~3切れ
      ・もやし 1パック
      ・青ネギ  適量
      ・ポン酢  適量 

    【作り方】

    1. 熱したフライパンで塩鮭の表面に焦げ目をつける。

    2. 洗ったもやしを1の上に入れて蓋をする。もやしがしなしなになるまで弱火で蒸す。

    3. お皿にもやしを入れ、その上に塩鮭を置く。青ネギを適量かける。

    4. もやしにポン酢をかける。

    出典: cookpad 塩鮭ともやしの蒸し煮

       

  • ・まとめ
  • 鮭の中でも紅鮭にはより豊富なアスタキサンチンが含まれています。


    アスタキサンチンはお肌の美容だけでなく、心筋梗塞や脳卒中などいろいろな病気を予防します。


    それに免疫力もアップさせます。


    アスタキサンチンには驚くべき効果があるんですね。


    これからの季節に紅鮭を食卓の一品にしたり、お弁当に入れたりで毎日摂りたいですね。

    スポンサードリンク