日焼け後の肌の手入れはどうする?おすすめの化粧品と食べ物 - 日常の悩み解決や役立つ情報サイト

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

美容

日焼け後の肌の手入れはどうする?おすすめの化粧品と食べ物

170217

日焼け止め対策をしっかりとやっていたつもりだったけど
日焼けしてしまったということもあると思います。
そんな時のお肌のお手入れ方法やおススメの化粧品、どんな
食べ物がいいのかをご紹介します。
間違ったケアをする人がいますが、どんなケアがNGなのかも
合わせてお伝えします。
本格的な夏が始まる前に正しいケア方法を習得しておきたいですね。

スポンサードリンク

  • ●日焼けしてしまった後のお肌のお手入れはどうする?
  • 紫外線対策をしていたのに日焼けしてしまったということはありませんか。

    日焼け後の肌は赤くなり、ひりひりとしたり痛みがあったりで一種の火傷です。
    そのままにしておくと、色素沈着を起こしてメラニンが増加します。
    できるだけ早くお手入れをしましょう。

    でも慌てないで冷静に対処することが大切です。

    間違ったケアをするとお肌に余計に悪影響になります。

    日焼けするのは顔だけでなく、ボディも含まれます。

    日焼けした後のお肌のお手入れについてご紹介します。

    <冷やす>
     焼けた部分を冷たい水で洗ったり、冷たいタオルをあてます。
     あまりにも酷い場合はタオルに保冷剤か氷を入れて包んだものを
     患部にあてるといいです。
     
     顔なら、まずクレンジングでメイクを落としてから洗顔して
     それから冷やします。

    <保湿する>
     冷やした後は化粧水やジェルなどで保湿します。
     手で優しくなじませます。

     もし保湿の化粧品が肌にしみるなら、無理に使うのは止めましょう。
     ワセリンなど低刺激の軟膏を塗ります。

     あまりにもしみるなら、皮膚科の受診をお勧めします。
     
     保湿のつもりでもパッティングは避けましょう。
     日焼け後のお肌はバリア機能が低下しており、パッティングすることで
     お肌にダメージを与えてさらにバリア機能を低下させます。


    スポンサードリンク

  • ●日焼け後に使うおすすめの化粧品
  • 日焼け後といえば美白化粧品かと思いがちですが、
    まずは日焼けしたお肌を冷やすことと保湿することが最も大切です。

    では日焼け後のお手入れに最適な化粧品をご紹介します。

    ・お肌を冷やす

    ・カーマインローション(資生堂)
     日焼け後のほてりを抑えます。
     皮脂を抑える作用もあり、毛穴を引き締める効果も期待できます。

    ・アフターサン オイルフリージェル(コパトーン)
     オイルフリー、アロエエキス配合で日焼け後のほてりを抑えます。

    ・エーザイ・ベラリス
     オーガニックのアロエベラを配合、日焼け後のお肌のほてりを抑えるジェル状の
     化粧水です。
     また保湿効果も実感できます。

    ・保湿する

    ・エグゾメガクリーム(アデルマ)
     低刺激の保湿クリームです。
     伸びが良く、べたつかず、お肌をしっとりと保湿します。

     
    ・ベビークールジェリー(ピジョン)
     アロエエキスとヒアルロン酸を配合、保湿します。
     また、ほてりも抑えます。
     赤ちゃんにも使えるジェル状の化粧水です。

    ・モイスチャーアロエジェル(コディナ)
     アロエエキス配合で高い保水力を持つジェルタイプの化粧水です。
     約99%が天然成分なので敏感肌の方やお子様も使えます。



  • ●日焼け後におすすめの食べ物
  • 日焼けした後のお肌にダメージを受けにくくするのにおススメの食べ物をご紹介します。

    ・ビタミンc・・・グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類、緑黄色野菜
     しみやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑えます。

    ・βカロチン・・・かぼちゃ、ニンジンなどの緑黄色野菜
     日焼けするとお肌は紫外線によって活性酵素が働くようになり細胞に傷がつきます。
     βカロチンはその活性酵素の働きを抑制します。

    ・タンパク質・・・大豆、肉、魚など
     肌を作るのに欠かせないのがタンパク質です。
     しっかりと摂って健康なお肌を作りましょう。

    ・ビタミンE・・・ナッツ類、うなぎ、ごま、大豆など
     ビタミンEが不足すると、シミやそばかすができやすくなります。
     ビタミンCと一緒に摂ると効果的です。

  • ●まとめ
  • しっかりと紫外線対策をしたけど、外出している時間が
    長くなった、化粧直しができなかったなどで日焼けしてしまうことがあります。

    でも慌てずに日焼けしたお肌を冷やして保湿することを先に
    実行しましょう。

    ほてりを抑える(冷やす)のと保湿するときの化粧品は低刺激の物を
    選びましょう。

    あまりにもお肌がヒリヒリしたり痛みがある場合は皮膚科を受診した方が
    いいでしょう。

    美白はお肌が落ち着いてからにしましょう。

    スポンサードリンク

    -美容
    -,