日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

生活

年越しそばの意味と由来は?具は地方によって違う?いつ食べたらいいの?

2015/11/27

138863

それにはどんな意味があるのかご存知でしたか。
またそばに入れる具材は地方によっても異なるようです。

年越しそばを食べる意味と由来、いつ食べるのがいいのかを
ご紹介します。

スポンサードリンク

  • ・年越しそばを食べる意味と由来
  • 大晦日に年越しそばを食べるのを楽しみにしている人も
    多いのではないでしょうか。
    年越しそばを食べる風習は江戸時代の中期頃に始まったと言われています。

    昔は今みたいに医療も発達しておらず、病気などで早くに亡くなる人が
    多かったので「長生きできますように」という意味を込めて
    食べられたということです。

    他にも「金運、健康、厄払い」の意味もありました。
    それぞれについて解説していきます。

    「金運」
      金銀細工師が散らばった金粉を集めるために使っていたのがそば粉なんですね。
      それで新年には「金運を呼ぶ」ということを願って食べるようになったという
      説があります。

    「健康」
      昔は、そばを食べると健康になると信じられ「来年も健康でありますように」と
      いう願いを込めて食べるようになったと言われています。

    「厄払い」
      そばは切れやすいので、旧年の苦労や不幸をすっかり取り除いて新年を迎えるために
      食べたという説があります。

    現在では、長生きすることを願って年越しそばを食べることが多いのでは
    ないでしょうか。

    長生きだけでなく、 「金運、健康維持、厄払い」 の意味もあったのですね。
    今年もおいしく年越しそばをいただきたいですね。


    スポンサードリンク

  • ・年越しそばに入れる具は地方によって違う?
  • 年越しそばに入れる具は地方によっても違いが
    ありますね。

    讃岐うどんでお馴染みの香川では、そばではなくうどんを食べるとか。

    北海道や京都では、ニシンを甘露煮にしてのせて食べます。
    醤油がベースになっただしがよく合います。
    一般的に関西地方では、ニシンそばにして食べることが多いです。

    関東では「おかめそば」が縁起がいいとされ、
    かまぼこ、ほうれん草、しいたけ、卵焼きを入れます。
    またテンプラを入れて食べる人も多いです。

    新潟では「へぎそば」にします。
    「ふのり」という海草をつなぎに使ったそばのことです。

    福井県では「越前そば」が有名ですね。
    ネギと削りたての本鰹節に大根おろしを添えます。

    沖縄は、独特の中華麺を使った「沖縄そば」を食べます。
    そば粉を使わず普段でもよく食べられています。

    その土地の定番というのがあるんですね。
    自分が最も食べ慣れたそばにするのがいいのではないですか。

  • ・いつ食べたらいいの?
  • 年越しそばは、大晦日の夜食として食べることが
    多いかと思います。
    除夜の鐘の音を聞きながら食べて、新年を迎えるケースですね。

    しかし、いつ食べないとダメというものではありません。
    大晦日の夕食として食べるのも構いません。

    地方によっては年が明けてから食べるところもあるぐらいです。

     各家庭のタイミングのいい時に食べればいい ということです。

  • ・まとめ
  • 年越しそばを食べるようになったのは江戸時代の中期と
    言われています。
    その風習がずっと受け継がれて、現在でも大晦日に年越しそばを
    食べるのが定着しているんですね。

    「長生きすること」「金運に恵まれる」「健康であること」「厄払い」
    意味を込めて食べます。

    今年の大晦日も年越しそばを食べて新年を迎えたいですね。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -生活
    -,