雛人形の処分と供養を無料でする方法とは?時期はいつがいいの?

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

年間行事

雛人形の処分と供養を無料でする方法とは?時期はいつがいいの?

女の子のいる家庭なら雛人形を持っていますね。
雛人形を飾るのはせいぜい小学校ぐらいまでじゃ
ないでしょうか。
その後、飾らなくなった雛人形の保管に困って
いませんか。
大きさにもよりますが、場所を取ったりで保管するのに
苦労している家庭は結構多いものです。
不要になった雛人形を無料で処分して、供養も無料で
する方法ってあるのでしょうか。
雛人形の処分と供養についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

  • ・雛人形の処分と供養を無料でする方法とは?
  • 女の子がいるけどもう雛人形を飾らなくなったし、
    どう処分したらいいのか困っていませんか。

    処分するなら、きちんと供養もしてあげたいですよね。
    できたら供養も無料でと思いますよね。

    雛人形の処分と供養が無料でできる方法がありますのでご紹介しますね。

     

  • 雛人形を無料で処分する
  • ◆査定して引き取ってもらう
     専門の業者に査定して引き取ってもらうことができます。
     古くて昔の雛人形でも骨董品として高値がつくことがあります。

     
    ◆オークションに出す 
     雛人形はオークションでも需要があります。
     ポイントは写真をきれいに撮ることですね。
     もし、人形に汚れや付属品が足りないなどあれば正直に記載します。
     その方が信頼されて売れやすくなります。

     
    ◆寄付する
     雛人形は意外にも発展途上国の子供たちに喜ばれています。
     異国の子供たちが飾ってくれたら嬉しいですよね。
     ケースの有無は問いません。
     また人形以外のものでも寄付することができます。
     ※ 手数料がかかります。
    詳しくはこちらへ    

     
    ◆ビッグひな祭りに寄付する
     千葉県や徳島県でビッグひな祭りが行われているのをご存知ですか。
     全国から不要になった雛人形を集めて、ひな壇に多くの雛人形が飾られます。

     ビッグひな祭りに寄付するには予約が必要です。
     送料がかかります。

    千葉県ビッグひな祭りはこちら  

    徳島県ビッグひな祭りはこちら  

     

  • 代々受け継ぐのもあり?
  • 地域や家の風習で雛人形は代々受け継ぐようにしているところもあります。
    もちろん母から娘へ譲るのもいいでしょう。

    また、雛人形は女の子一人につき一つとしているところもあります。

    自分の住んでいる地域や家のしきたりに従うといいでしょう。

    参考記事⇒ 雛人形は代々受け継ぐもの?母から娘へのお下がりは?お祓いはする?  

     
    雛人形を粗大ゴミとして出すこともできますが、それではあまりにも
    お粗末でお雛様に申し訳ないですよね。

    やはり寄付なりして、ちゃんと処分したいものです。

     

  • 雛人形を無料で供養する
  • 雛人形を処分するときには、これまでの感謝と願いを込めて供養をするのが一般的です。

     
    ◆お寺や神社で供養してもらう
     供養を無料でしてくれるお寺や神社があります。
     事前に確認が必要です。
     ただし、あくまで供養料のみが無料で送料や手数料などはかかります。
     全国の人形供養をしてくれるお寺や神社は こちらでご確認下さい。

     
    ◆ビッグひな祭りで供養してもらう
     徳島や千葉でビッグひな祭りが行われます。
     このビッグひな祭りに雛人形を寄付すれば、無料で供養してもらえます。

     
    あと有料ではありますが、どんな大きさの箱でも雛人形を入れれば
    1箱2000円と格安の「人形供養ドットネット」もおススメです。
    人形供養ドットネット


    スポンサードリンク

  • ・雛人形を処分する時期
  • 雛人形っていつまで飾っていたでしょうか。

    物入れにずっと入れっぱなしにしていたりってことはありませんか。

    中には代々受け継いでいる家庭もあるでしょう。

    受け継いでいるならいいですが、飾ることもなくなって物入に
    入れっぱなしだと、どうしようかと迷ったまま月日が流れていくって
    こともありますね。

    一般的には女性が結婚すれば、もう雛人形は必要ないという
    考えが大半です。

    結婚して実家を出る頃が雛人形を処分する時期としては最適化と。

    しかし、決まっているわけではなく飾らなくなってもう不要と
    思った時
    に処分するのがいいのではないでしょうか。

  • ・まとめ
  • もう飾らなくなった雛人形はオークションや査定に出したり、
    寄付など無料で処分できますので、これらを利用することを
    お勧めします。

    処分するなら供養の方もきっちりとしたいものです。

    供養はお寺や神社でやってくれるところがあります。
    供養料は無料ですが、送料や手数料はかかるのが一般的です。

    結婚を機に雛人形を処分するのも良し、結婚以外でも飾らなくなって
    不要と思った時に処分するのがいいでしょう。

    スポンサードリンク

    -年間行事
    -,