背中ニキビの原因って?治すには?ケミカルピーリングは効果ある? - 日常の悩み解決や役立つ情報サイト

日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

美容

背中ニキビの原因って?治すには?ケミカルピーリングは効果ある?

246010

暑くなってくると背中を見せる機会が多くなってきます。
背中にニキビがあると何とかして治したい、きれいな肌に
なりたいと思いますね。
これから水着を着る予定の人、結婚式を予定している人は
深刻です。
背中にきびができる原因を突き止めて、治す方法をご紹介
します。
またケミカルピーリングについてもその有効性について
まとめました。

スポンサードリンク

  • ●背中にきびの原因
  • まずは背中にニキビができる原因を見つけていきましょう。

    ◆汗
     仰向けに寝ることが多い人は背中に汗をかきやすいので
     この汗が背中ニキビの原因になります。

    ◆皮脂の分泌が過剰
     皮脂の分泌が多いと、毛穴が詰まってニキビが発生します。
     背中は皮脂が多い部分です。
     皮膚の乾燥も過剰な皮脂を分泌します。
     

    ◆シャンプーやリンスなどが残っている
     十分に流しているつもりでも髪に残っていることがあり、完全に乾くまでに
     背中に整髪剤が付着してニキビの原因になります。
     特にロングヘアの方は注意が必要です。

    ◆日焼け
     日焼けで背中の皮膚の角質が硬くなってにきびができやすくなります。

    ◆ホルモンバランスが崩れている
     ホルモンバランスが崩れていると、皮脂の分泌が過剰になって
     にきびが出来やすいです。
     ホルモンバランスは生活習慣によって左右されます。

    ◆洗濯洗剤
     洗剤が肌に合わないとニキビなどのトラブルが発生します。
     洗濯した衣類には洗剤が残っていると考えられます。

    ◆ストレス
     ストレスを感じていると血流が悪化、皮脂の分泌が過剰になり
     にきびの原因となります。

    いかがでしょうか。
    当てはまる原因はあったでしょうか。

    よくチェックしてみて下さいね。


    スポンサードリンク

  • ●背中にきびを治すには
  • 自分でできる背中ニキビを治す方法をご紹介します。

    ・汗をかいたら下着や衣類をすぐに交換する

    ・洗髪後の髪が背中につかないようにする
     お風呂上りは濡れた髪をアップにするか、背中はバスタオルで
     覆うようにします。

    ・先に髪を洗う
     最初に洗髪をすることで体にシャンプーなどの整髪剤が付くのを
     防ぐことができます。

    ・下着や衣類は吸水性の優れたものにする
     ポリエステルがおススメです。

    ・保湿する
     皮膚を乾燥から守り、保湿することで皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。
     「メルシアン」というスプレーがおススメです。
     保湿と美白効果も期待できます。
     背中だけでなく顔にも使用できます。
        ↓  ↓  ↓
    メルシアン

    ・睡眠と食生活を見直す
     7~8時間の睡眠はとりたいものです。
     ビタミン類の摂取を心掛けましょう。
     甘いものや脂肪の多い食べ物は皮脂の分泌を過剰にします。

  • ●背中にきびを治すのにケミカルピーリングは効果ある?
  • 背中にきびの治療法にケミカルピーリングという方法もあります。

  • ◆ケミカルピーリングとは
  • 皮膚にリンゴ酸などのフルーツ酸を塗って古い角質や毛穴に詰まった雑菌や老廃物を
    除去する治療法のことです。

    皮膚の新陳代謝をアップ、肌を再生させます。

    にきび治療だけでなく、シミ・しわなどを改善する治療としても利用されています。

    ちなみに保険適用外です。

  • ◆ケミカルピーリングはにきび治療にどれだけ効果がある?
  • 顔にできるニキビなら、炎症性であっても炎症していなくても十分な効果が期待できます。

    しかし背中にきびの場合、炎症を起こしているものには向きません。

    ピーリングをした後の肌は刺激に対してとても敏感になり弱くなります。

    ケミカルピーリングに使うフルーツ酸を塗ることが肌に大きな負担となります。

    炎症なしの背中にきびには効果が期待できます。

  • ◆ケミカルピーリングの後に注意したいこと
  • ピーリングをした後の肌は一時的にバリア機能が低下しているので、乾燥や紫外線の影響を受けやすくなります。

    注意したいことは以下のことです。

    ・保湿ケアをしっかりとする

    ・洗顔やクレンジングでメイクを落とす時は普段よりも丁寧に優しくする 
     絶対に擦らない

    ・低刺激の日焼け止めで紫外線対策をする
     

  • ●まとめ
  • にきびは顔だけでなく背中にもできるのです。

    洗髪後のシャンプーやリンスの洗い残しには注意が必要です。

    日頃から保湿、通気性の良い下着や衣類、規則正しい生活習慣を
    見直しましょう。

    背中にきびの治療(炎症していないもの)にケミカルピーリングもありますが
    保険適用外で高額になるので、できるだけ普段から自分でできるケアを
    することが大切です。

    背中美人を目指したいですね。

    スポンサードリンク

    -美容
    -,