日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

美容

かかとが夏でもガサガサになる原因、水虫との見分け方、治すには

足のかかとのガサガサは冬に多いと思われがちですが
夏でもガサガサになることはあります。
夏は汗をかいたりでべっとりとするものですが
なぜ、かかとだけはガサガサになるのでしょうか。
原因がありそうです
原因とそれに応じた治し方について見ていくことに
します。

スポンサードリンク

  • ・かかとが夏でもガサガサになるのはなぜ?
  • 夏なのに「かかと」がガサガサするって考えにくいかもしれませんね。

    特に女性だと、サンダルやミュールを履くことが多くなるのに
    ガサガサとした「かかと」は見せたくないですよね。

    かかとが夏なのにがさがさする原因を調べてみると、
    以下のことがわかりました。

     

  • 靴との摩擦
  • サンダルやミュールを裸足で履く場合が多いかと思いますが
    実は裸足で直に靴に触れると、かかとが摩擦によって刺激を受けることになるんです。

    こうしているうちに「かかと」の角質が固くて厚くなり
    ガサガサになっていきます。

     

  • 乾燥
  • 足の裏には皮脂腺がないので、体の他の部分よりも乾燥しやすくなります。

     

  • 血行不良・代謝機能の低下
  • 夏は冷房の効いた室内にいたり、冷たい食べ物や飲み物を飲んだりで
    体が冷えていることがあります。
    すると、血流が悪くなって酸素や栄養が行き渡らずに
    代謝機能の低下を引き起こし、古い角質がはがれずに
    ガサガサのかかとになります。

    また加齢によっても代謝機能が低下し、ターン―オーバーの
    周期が乱れて角質が残ったままになり、ガサガサになります。

     

  • もしかして水虫?
  • 夏でも「かかと」がガサガサになるのは上記のような原因だけでなく
    水虫の場合もあります。
    水虫は男性のイメージがありますが、案外女性の水虫も
    増加傾向にあるんです。
    やはり足の裏は不潔になりやすいですし。。。


    スポンサードリンク

  • ・水虫とはどうやって見分ける?
  • 足のかかとがガサガサしているのは、乾燥なのか水虫なのかは
    素人では区別がつきません。

    でもかかとの角質が異常なほど厚く、ケアしても治らない場合
    水虫の可能性があります。

    他には、家族に水虫の人がいる・足の指と指の間に水虫がある・
    以前に水虫になったことがある・足の裏全体がガサガサしている

    といった症状があれば、水虫かもしれません。

    かかとの水虫には痒みがありませんので要注意です。

    水虫かも?と思ったら皮膚科を受診しましょう。

    皮膚科を受診すれば、水虫の原因である白癬菌がいるかどうかをも
    検査してくれます。

  • ・かかとのガサガサを治したい
  • がさがさの原因が乾燥なら、保湿することが第一です。

    私のおススメの保湿ケア製品は小林製薬の「なめらかかとスティック」です。

    ワセリン配合でスティック状になっているので手の汚れも
    気にする必要がなく、使いやすいです。

    私は夜寝る前に使っているのですが、1週間もすれば角質が
    柔らかくなり「かかと」がすべすべになっているのを
    実感しました。

     
    血行不良や代謝機能の低下の場合は専門医に相談することです。

    水虫かもしれないと思ったら、皮膚科を受診するといいのですが
    特に女性だと、恥ずかしさとかでなかなか踏み切れないのではないでしょうか。

    最近、家庭で対処できるという「クリアフットヴェール」というのを見つけました。

    クリアフットヴェールはその時限りの対症療法とちがって
    根本的に水虫菌を排除するというもので
    すでに多くの人が効果を実感していると聞きました。

    検討してみるのもいいかもしれません。
    詳しくはコチラ↓ ↓
    女性用

  • ・まとめ
  • 足のかかとは夏でも乾燥しやすかったり、
    水虫などでガサガサになることがあるんです。

    単なる乾燥なら、保湿することで改善されますが
    保湿しても改善されない場合は水虫・血行不良・代謝機能の低下を
    疑った方がよさそうです。

    それらの場合は専門医に相談してみるのがベストです。

    スポンサードリンク

    -美容
    -,