日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

子育て

初節句の食事会はしないのはダメ?予算は?誰が費用を負担する?

お子様の初節句のお祝いに食事会を行うご家庭は
多いですが、食事会はしないというのはマナー違反
なのでしょうか。
仮に食事会をするとしたら予算はどれぐらいにするのが
普通なのか、また食事会の費用って誰が負担したら
いいのかについてまとめました。

スポンサードリンク

  • ・初節句の食事会はしないのはダメ?
  • まず「初節句」とは、お子様が生まれて初めて迎える節句のことですね。

    男の子なら5月5日の「子供の日(端午の節句)」
    女の子なら3月3日の「ひな祭り」ですね。

    初節句はお子様の健やかな成長と厄除けを願ってお祝いします。

    さて、初節句のお祝いに食事会は絶対やらないといけないと
    いうものではありません。

     

  • 義両親も実両親も遠方に住んでいる場合
  • この場合は無理にやらなくてもいいでしょう。
    家族だけでお祝いをすればいいわけです。

    しかし初節句のお祝いをいただいているなら、後日にお子様の
    写真と御礼の手紙を送るようにします。

     

  • どちらかの両親が遠方に住んでいる場合
  • もう片方の両親が近くに住んでいるのであれば、食事会を
    考えた方がいいでしょう。

    遠方に住んでいる両親にも声をかけてみましょう。
    もし声をかけて、遠方だから無理だということになれば
    それでいいでしょう。
    その場合は近くに住んでいる両親を招いて食事会をすれば
    いいわけです。

    どのように食事会をすればいいのか、まずは近くにいる両親に相談して
    みるといいでしょう。

     

  • 両家とも近くに住んでいる場合
  • やはり両家とも近くに住んでいるなら、初節句に食事会をしないのは
    まずいでしょう。

    おじいちゃん、おばあちゃんにとっては孫の顔は見たいものなんです。
    初孫だと尚更ですね。

    まずは食事会について両家の両親に相談するといいですね。

     

  • 初節句の食事会をする場所は?
  • 元々は夫婦の自宅に両親を招いて行うことが多かったですが
    最近は住宅事情の関係で両家の両親を招くには部屋が狭いと
    いうこともあって、お店でするケースも少なくありません。

     
     ✅お店でする場合
       お店でする方が準備とか後片付けがないので
       楽ではないでしょうか。

       お子様のことを考えると、時間帯はお昼ご飯に合わせて
       するのがいいですね。

       お店は会席料理店、中華料理店、お寿司屋さんが一般的です。

       個室を予約するのがいいでしょう。

     
     ✅自宅でする場合
       もちろん、自宅でするのも構いません。

       生後まだ数か月の赤ちゃんだと泣きだした時など
       自宅の方が安心ですしね。

       自宅でするなら、お寿司の出前を取るのも良し、
       あとは2~3品ほどの手料理を出すといいでしょう。

     
       ・女の子の場合(3月3日、桃の節句)
          桃の花を飾ります。
          桃の花には、長寿と厄払いの意味があります。

          「ひなあられ」や「ひしもち」は定番ですね。
          ひなあられ、ひしもち共にピンク、白、緑色ですが
          この色にも意味があるんです。
          ピンクは健康、白は清らかさ、緑は生命力を意味します。

          手料理はちらし寿司、はまぐりのお吸い物がいいでしょう。

     
       ・男の子の場合(5月5日、端午の節句)
          菖蒲を飾ります。
          菖蒲には「たくましく育って欲しい」という願いが
          込められています。

          柏餅を食べるのが定番ですね。
          柏餅の葉には「子孫繁栄」の意味があります。

          手料理は赤飯、煮物、お吸い物などがおススメです。

    ちなみに我が家の場合は男の子、自分の自宅で初節句の食事会を行い、
    ローストビーフとラタトゥイユ(野菜の煮込み)を作り、
    お寿司の出前を取りました。

     

  • 初節句の食事会をする時期はいつ頃がいい?
  • 基本的には生まれて初めて迎える初節句の時に食事会をします。

    ですが、生まれてまだ2~3ヵ月だとか生後間もないなら
    翌年に食事会をして初節句のお祝いをするといいでしょう。

    次に細かい日取りですが、必ずしも3月3日あるいは5月5日に
    合わせる必要はありません。

    招待する祖父母の都合もあるわけなので、女の子なら3月3日前後
    男の子なら5月5日前後に行うことが多いです。

    一昔前なら大安とか友引の日に行うのがいいとされていましたが
    現在ではこだわらない人が多いですね。


    スポンサードリンク

  • ・初節句の食事会の予算
  • やはりお店の個室を利用すると、
    飲み物代も込みで一人当たり8千円~1万円が相場となります。

    経済的にも余裕があるなら、お店での食事会の方が楽ですよね。

    できるだけ予算を抑えようと思えば、自宅での食事会の方が
    安くつきます。

    特に飲み物なんかはディスカウントショップで購入すると
    安上がりですね。

  • ・初節句の食事会の費用は誰が負担する?
  • 祖父母から初節句のお祝いをいただくと思います。

    食事会に祖父母を招待するのは、お祝いをいただいたお礼(お返し)の
    意味があります。

    ということは食事会の費用を負担するのは基本的には
    子供の親ということになります。

    自宅で食事会を行う場合なら、親が事前に買い物に行って
    手料理でもてなしをします。

    お店で行う場合は、段取りは親がして、支払いは祖父母という
    ケースも多々あります。

    若い夫婦だと経済的にきつい場合が多いようです。

    お店を利用する場合は、支払いについて両方の祖父母と
    相談するといいですね。

  • ・まとめ
  • 初節句にはぜひ祖父母を招待して
    食事会を行うのが理想的です。

    しかし、祖父母が遠方に住んでいるなどの事情で
    行うのが難しい場合は仕方がありません。

    食事会は基本的に子供の親が段取りして、費用も負担します。

    若い親にとっては経済的負担が大きいということもあるでしょう。

    負担を抑えるには自宅での食事会がお勧めです。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -子育て
    -,