日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

贈り物

お中元を贈る時期はいつからいつまで?金額、お礼状の書き方

2015/11/29

1d850b20f23f794712676d86465ede3b_s

お世話になったあの方にお中元を贈りたいけど、
いつ頃にしたらいいのか、また金額の相場は
どのくらいなのか、相手に失礼のないように
したいものですね。

逆にお中元を頂いた場合、お礼状はいつ頃に
どのように書いたらいいのか、
そういったマナーもきちんと知っておきたいものですね。

スポンサードリンク

  • ・お中元はいつからいつまでに贈ったらいいのか?
  • お中元を贈る時期は地域によって若干の違いはありますが
     、一般的には6月下旬から7月中旬 です。

    主な地域の時期は以下のとおりです。

    ・東日本・・・6月末~7月初め

    ・西日本・・・7月初旬~8月初め

    となっていますが、ほとんどの地域では
    7月初め~中旬頃まで(土用の前まで)にするのが
    一般的なようです。

    それ以降になると、暑中見舞い、
    立秋をすぎると、残暑見舞いとして贈るのが普通です。

    百貨店などでは5月末から早期のお中元申込みを受け付けて
    いますが、実際に発送するのは6月の下旬以降です。

    早期申込みだと、割引があるところが多くお得感はありますが。

    もし相手の方にお中元が届く時期が不安でしたら、売り場の人に
    聞いてみるといいですよ。


    スポンサードリンク

  • ・金額はどのくらいにしたらいいの?
  • お中元の金額の相場は
    3000円~5000円が一般的です。

    日頃のどのくらいお世話になっているのかにもより、それに応じて
    金額を決めればいいのです。

    例を挙げてみますと、

    友人・・・3000円
    ご近所・・・3000円
    夫や妻の実家・・・3000円~5000円
    仕事関係・・・3000円~6000円
    夫や妻の実家・・・5000円~10000円
    仲人や媒酌人・・・5000円
    子供の習い事の先生・・・3000円
    兄弟やその他の親族・・・3000円~5000円

    となりますが、20代や30代の若い人なら3000円、40代以降のご年配の人なら
    5000円が一般的です。

    会社など職場関係のところは中には贈り物といった
    心遣いを一切禁止にしている場合がありますので
    注意が必要です。

    毎回金額を同じにする必要はありません。

    お世話になっている度合によって、徐々に金額を
    抑えていくのも問題ありません。

    最も大切なのは感謝の気持ちです。

  • ・お中元を頂いた時のお礼状の書き方
  • お中元をお世話になった人へ贈る場合もあれば、逆にいただくこともあると思います。

    頂いた場合には、すぐにお礼状を書くか、遅くても翌日には
    書くのが常識です。

    最近ではパソコンが普及しており、手書きをする人が少なくなりましたが
    字は下手でも 丁寧な手書きのお礼状は好感を持たれる ものです。

    親しい相手なら、電話でお礼を述べるのもいいですが
    やはりきちんとお礼状を出すのが丁寧です。

    発送ではなく直接お中元の品を受け取った場合は、その場で
    丁寧にお礼を言うのがマナーです。

    お礼状の例文をご紹介します。

    『暑中お見舞申し上げます。
     このたびはご丁寧なお心づかいを頂き、誠にありがとうございます。
    〇〇(品物)は私共家族全員の大好物で大変嬉しく存じます。
     連日蒸し暑い日々が続いておりますが、体調など崩されませんよう
    お気をつけて過ごされて下さい。
     とりあえず書中にてお礼まで。』

    このようにお礼の気持ちを伝えましょう。

  • ・まとめ
  • お中元を贈る時期は6月下旬から7月中旬が
    一般的です。

    もしこの間に贈りそびれたら、暑中見舞い、立秋をすぎると、残暑見舞いとして
    贈りましょう。

    お中元の金額の相場は3000円~5000円が普通です。
    お世話になっている度合によって判断しましょう。

    一般的には20代や30代の若い人は3000円、40代以降の人は
    5000円が相場です。

    でも以前よりもお世話になっている度合が少なくなれば
    金額をもう少し抑えても差支えはありません。

    もしお中元を頂いたら、遅くても翌日にはきちんと
    手書きのお礼状を出しましょう。

    丁寧に手書きされたお礼状は好感を持たれます。
      

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -贈り物
    -,