日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

勉強

子供に勉強をやる気にさせるには?持続させる方法、運動との相関性

2015/11/29

211497e9ffb96a0640680ad2c2bd3b19_s

子供がゲームばかりやって、勉強しないと嘆いている
親御さんは案外少なくありません。

子供にどうやったら勉強をやる気にさせられるのか
持続させる方法を伝授します。

スポンサードリンク

  • ・子供に勉強をやる気にさせる方法とは?
  • 子供が勉強をしないでゲームばかりやって困っているという親御さんは
    多いのではないでしょうか?

    しかし、子供がどんなにゲームばかりやっていてもすべてのジャンルが
    好きという子はほとんどいません。

    ゲームは自分の好きなジャンルをやっているから、面白くなって
    やる気がどんどんと加速されていくのです。

    勉強についても同じことが言えるのではないでしょうか?

    特に中学生や高校生に該当することですが、試験勉強や受験に向けて勉強を
    するには、 得意教科あるいは好きな教科から始めると効果的 なのです。

    計算問題や英語の教科書を読むなどから始めて
    やる気スイッチを入れてから、本当にやっておきたい勉強を
    させるのがおススメです。

    全部やってしまおうと思わず、今日は何ページまでとか何時何分までとか
    区切りをつけるといいですよ。

    やはり子供が勉強をしないでゲームばかりやっているのを見ると、つい
    親御さんは「勉強しなさい!}と言ってしまいがちですが
    それだけでは子供は何から始めていいのかわからない場合が
    多いのです。

    本人がどこの部分からわかっていないのか、レベルに応じて
    ちょっと前の段階に戻してあげて、できたらその達成度を
    褒めてあげる
    のが効果的です。


    スポンサードリンク

  • ・やる気を持続させるには?
  • せっかく子供が勉強をやる気になってくれても
    一時的で、しばらくするとまたやる気が失せてきたとなると困るのです。

    はっきりとした目標を持たせることが大切です。

    例えば、スポーツに熱中しているなら試合で優勝したい、あるいは
    レギュラーになりたい、アスリートを目指しているなど
    何らかの目的を持ってやっています。

    勉強でも将来は〇〇になりたい、志望校に合格したいというように
    目的を持つと、勉強のやる気も持続させられるようになるんです。

    そして学習記録をつけることをおススメします。

    昨日は何ページまでやったとか、記録しておくだけでも
    案外とやる気は持続するものです。

  • ・勉強と運動との相関性
  • 学業成績と体力は相関関係があるというデータがあります。

    勉強もスポーツもできる子はいるのです。

    勉強の前に軽く運動させると記憶力は高まり、運動しながらの方が
    よく理解できて覚えられる傾向があると言われています。

    ・読書の内容を理解する時は、脳の「前頭分野」と「帯状野」が活性化する。
    ・計算をする時には「頭頂間溝」の活動が活発になる。
    ・子供の場合だとさらに「背側前頭分野」も活発になる。

    上記の3つは 有酸素運動の時に活動する脳部位 だと言われています。

    ただし、筋トレや柔軟体操ではこの傾向は見られないということです。

  • ・まとめ
  • 子供が勉強をしないという場合はほとんどが
    ゲームに夢中になっています。

    ゲームだって好きなジャンルだからこそ、やる気になるのであって
    勉強も好きな教科や得意な教科からやらせるのが効果的です。

    お子さんのレベルに応じてやらせる方がさらに効果的です。

    何のために勉強するのか、明確な目標と持つことが
    重要です。

    そして前回はどこまで進んだとか、学習記録を付けておくと
    モチベーションがアップします。

    勉強を始める前に軽くても有酸素運動をすると、記憶力が
    高まるというデータがあります。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -勉強
    -,