早々の年賀状ありがとうございましたと書くのは失礼?返事の書き方




年賀状を自分から出して、相手から「早々の年賀状ありがとうございました」と書かれた返事をもらったことありませんか。

いただいた年賀状の返事に「早々の年賀状ありがとうございました」って書くのは、受け取り側に失礼なのか、お話ししていきます。

また、正しい年賀状の返事の書き方もご紹介します。

スポンサードリンク

  • ・早々の年賀状ありがとうございましたと書くのは失礼?
  • 自分が出した年賀状に対して返事が来た場合、「早々の年賀状ありがとうございました」と書かれていることがあります。

    しかし、これは失礼にあたります。

    年賀状は元々、元旦に届くようにするのが普通なので、「早々の年賀状ありがとうございました」は失礼になります。

    私も「早々の・・・」と書かれた年賀状の返事を受け取ったことがありますが、あまりいい感じはしませんでしたね。

    早々の・・・と書かれていると、こちらが下で相手の方が上?という印象を持ってしまいます。

    元々、こちらには年賀状を出すつもりはなかったんだなあと思ってしまいます。

    私ならこの先も「年賀状ありがとうございました」と書いた返事をもらうことになれば、もう出すのはやめると思います。


    スポンサードリンク

  • ・年賀状の返事の書き方
  • 自分が年賀状を出していない相手からきた場合、返事はどういうふうに書けばいいのでしょうか。

    相手が友人や目下の場合と、目上の場合について触れていきます。


  • 友人や目下に返事を書く場合
  • 友人や後輩など目下だと、何気なく「年賀状ありがとう。年末はバタバタしていて賀状を出せなくてゴメン」という感じでいいでしょう。

    もしくは、普通に新年の挨拶だけにしても構いません。

    年賀状を出せなかった言い訳を、くどくどと書くのはやめた方がいいでしょう。


  • 目上の人に返事を書く場合
  • 目上の人に年賀状の返事を書くときは、お礼は書きません。

    目上の人に「年賀状ありがとうございました」は、大変失礼になります。

    あくまでも、自分から年賀状を出していました というスタンスでいます。

  • ・まとめ
  • 自分が年賀状を出していない相手への返事を書くときは、友人など親しい人なら「年賀状ありがとう」とさらっとお礼をかいても構いません。

    でもよくわからない相手の場合は、お礼は書かない方がいいでしょう。

    目上の人に返事を出すときは、年賀状をもらったお礼は一切書かず、自分から出していたというスタンスでいましょう。

    スポンサードリンク



    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする