日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

クリスマス

自宅のクリスマスイルミネーションが迷惑 苦情は言うべき?自己対策

クリスマスが迫る11月頃から一般の自宅でも屋外に
イルミネーションを飾るところがあります。
見ていると綺麗なのですが、一方では他人の家の
イルミネーションで迷惑しているという声も聞きます。
そういう場合は苦情は言った方がいいのでしょうか。
また迷惑になっていると思ったら、自分でできる対策は
あるでしょうか。
よそのお宅のクリスマスのイルミネーションが迷惑に
なった時の対処法についてお話していきます。

スポンサードリンク

  • ・近所の自宅のクリスマスイルミネーションが迷惑 苦情は言うべき?
  • 一般家庭でもクリスマスの頃になると屋外にイルミネーションを
    飾るところがあったりして華やかな雰囲気になります。

    しかし、このイルミネーションのおかげで見物客が絶えない、
    ライトがチカチカして眩しい、見物客が路上駐車したりで
    迷惑、ゴミを落としていくなどの苦情を聞きます。

    最近のイルミネーションはLEDのものも多くなってきて
    電気代を気にしないで一晩中つけっぱなしの家庭も多いです。

    そのイルミネーションのお宅に直接苦情を言ってもいいのか、
    難しいですね。

    苦情というよりは、そのお宅と
    イルミネーションの点灯時間や消灯する時間について
    話し合い
    をしてみるといいのではないでしょうか。

    例えば「消灯は○○時でどうでしょうか」って感じですね。
    小さいお子様のいる場合でしたら、子供の就寝時間に合わせて
    もらうとか。

    話し合いもしにくいと思ったら、自治会長や市役所・役場に
    相談してイルミネーションの点灯時間を取り決めてもらえないか
    交渉してみるのも一つの方法でしょう。

    今後の近所付き合いもあるかと思いますので、ストレートに
    苦情を言うのは避けるべきでしょう。


    スポンサードリンク

  • ・自分でできる対策
  • イルミネーションのお宅が観光地みたいになって、
    人が集まってざわざわするのは自分自身で防ぎようがありません。

    しかし、イルミネーションのライトが眩しいというのは
    工夫することによって軽減させることは可能です。

    例えばですが、カーテンを遮光カーテンにしたり雨戸を閉めるとかですね。

    寝るときにはアイマスクを使うとライトの眩しさは防げます。

  • ・まとめ
  • クリスマスが近づいてくると、
    イルミネーションを外壁に飾っている一般家庭もよくありますね。

    そのお宅のイルミネーションの見物目的で人が集まったり
    ライトが眩しくて眠れなくて迷惑しているという場合が
    あるのも確かです。

    でも直接苦情を言いに行ったりすることは避けたいものです。

    その地域で点灯時間を制限するとかルールを作ってもらえないか
    自治会や役所に申し出る方が無難ですね。

    スポンサードリンク

    -クリスマス
    -,