現行紙幣は価値がある?買取はしてもらえる?新紙幣と交換は?

2024年には新紙幣が発行されるという情報が入ってきました。
紙幣が新しく変われば現在の紙幣って価値はあるのでしょうか。
気になる人は多いと思います。
新紙幣が登場すれが現行紙幣の価値はどうなるのか、買取はしてもらえるのか、
また新紙幣との交換はできるのかについてお話していきます。

スポンサードリンク

  • ・現行紙幣に価値はある?
  • 先日、2024年に新紙幣が発行されるというニュースが飛び込んで
    きました。


    紙幣の偽造を防ぐために20年ごとにデザインを変更するとのことです。


    そこで気になるのがその頃になれば現行紙幣は価値があるのかと
    いうことですね。


    新紙幣に変わっても前の紙幣を保管している人が多いと額面以上の価値には
    ならないとの見方が出ています。


    しかし、ある条件がある紙幣だと価値は大いに期待できそうです。


    そのある条件とは発行の少ない年度の紙幣である、紙幣の左上と右下にある番号が珍しい、
    エラー紙幣
    である場合のことですね。


    例えば番号が1番(000001ですね)であったり、数字がすべて同じものであったり
    先頭と最後の数字が同じであったりの場合は希少価値(プレミア)が
    期待できるということがわかりました。


    またアルファベットの先頭である「A」ばかりがそろった「AA券」
    アルファベットの最後の文字である「Z」ばかりがそろった「ZZ券」
    1.5倍もの価値がつくとのことです。


    このように番号がレアでしかも未使用であれば、価値はさらに上がるそうです。


    エラー紙幣って聞いたことがある人は少なくないと思いますが、
    実はこれも価値が上がると言われています。

    エラー紙幣とは

     ・印刷ミス・・・絵柄の一部が空白であったり、絵柄が片面のみといったもの
     ・印刷ズレ・・・絵柄がずれているもの
     ・耳付き・・・紙が折れたまま断裁した場合で紙幣の角にカット
            されていない余分な紙が残ったもの
     ・記号違い・・・紙幣の下部に記載されているアルファベットと数字が
             表と裏で異なっている(通常は一致)

    エラー紙幣は額面以上の価値が出ると言われています。
     


    もし発行の少ない年度の紙幣、レアな番号のついたもの、エラー紙幣を発見すれば
    大事に保管しておきたいですね。


    ちなみに2024年に発行される肖像画は1万円札が渋沢栄一氏、5千円札は津田梅子氏、
    千円札は北里柴三郎氏と発表されました。


    ・渋沢栄一氏
     江戸末期から大正初期にかけて実業家や官僚として活躍した人。

    ・津田梅子氏
     津田塾大学の創設者である日本の女子教育の先駆者。

    ・北里柴三郎氏
     破傷風の予防と治療方法を開発した医学者。


    新紙幣のデザインについてはSNSでは「金額の数字が大きすぎる」「ダサい」など、
    賛否両論のようですね。


    スポンサードリンク

  • 現行紙幣は新紙幣が発行されれば買取はしてもらえる?
  • 前章でお話しました発行の少ない年度の紙幣、お札の番号がレアである、
    エラー紙幣なら買取は期待できそうですね。


    ただ年数が経って使い果たして古くなったお札は買取してもらえるのかは
    微妙といったところです。


    買取が期待できそうな紙幣を見つけたらシワシワにならないように額に入れ、
    変色を防ぐために日のあたらない場所で保管しておく必要はあるでしょう。

  • ・現行紙幣を新紙幣に交換はできるのか
  • 2024年に新紙幣が登場しても現行の紙幣は
    しばらくは使えるでしょう。


    でも年月と共に現行紙幣はしだいに消えていくのではないでしょうか。


    どうしても新紙幣に交換するなら銀行の窓口で聞いてみましょう。

  • ・まとめ
  • ありきたりな紙幣なら価値はなさそうです。


    しかし、発行が少ない年度の紙幣、番号が珍しい、エラー紙幣は
    価値が期待できるということでしょう。


    少なくとも額面以上の価値にはなると思われます。

    スポンサードリンク



    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする