日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

勉強

中学生に塾は必要?塾選びのポイントは?塾選び失敗体験談

358706

中学生の子供を持つ親御さんなら塾には入れるべきか悩む
時期はあると思います。

周囲が塾へ行き始めると焦る気持ちはありますが、我が子も
本当に塾は必要でしょうか。

どんな子なら塾に入れる必要があるのか、塾選びの時に注意
したいこと、実際私の子供の塾選びで失敗した体験談も
お伝えします。
ぜひ参考にされて下さい。

スポンサードリンク

  • ●中学生に塾は行く必要はある?
  • 中学生になると小学校よりも勉強が難しくなり、学校の授業だけでは物足りない、
    補習が必要、高校受験対策で塾に行く生徒が増えてきます。

    塾へ行く動機は、「友達が行き始めたのでうちの子も行かないと取り残されるのでは?」という
    不安が湧いてきたというのが多いように思います。

    でも貴方のお子様はどんたタイプですか?
    自主的に勉強するタイプですか?

    もし、お子様が毎日自主的にその日に習ったことを復習してさらに
    演習問題に取り組んだり、わからない箇所があれば学校の先生に積極的に
    質問に行くタイプでしたら、塾に行く必要はありません。

    このタイプのお子様が塾に行けば、学力はアップしやすいと言えます。

    逆に普段から勉強する習慣がついていない、勉強のやり方がわからないという
    タイプなら、塾を検討されることをお勧めします。

    塾に入って、成績が伸びるかどうかは本人次第です。
    本人が意欲的になれば、間違いなく伸びるでしょう。
    しかし、塾に行ってもやる気がない・授業に集中できない・宿題をやらないと
    いうふうになれば成績アップはほとんど期待できません。

    焦ってお子様を入塾させる前にどんなタイプなのかを冷静になって
    判断することが大切です。

    友達が行っていてそこの塾が良くても自分の子供にとっても良いとは
    限りません。

    周囲に惑わされないようにしたいものです。


    スポンサードリンク

  • ●塾選びのポイントは?
  • お子様の塾を選ぶのに大手で有名だったら安心と思っていませんか。

    確かに大手の塾なら情報量も多く持っているし、〇〇高校合格実績みたいなものが
    あるかと思いますが、それだけで決めるのは考えものです。

    まず目標を決めることが大切です。
    苦手教科を克服したいのか、トップ校を目指したいのか、定期テストの点数を
    アップさせたいのか
    などですね。

    苦手教科の克服が目標なら、個別指導塾をお勧めします。
    個別指導は、生徒2:講師1がほとんどで受講料は集団塾よりもやや高額に
    なりますが成果が上がったという声は多いです。

    トップ校を目指すなら、大手の集団塾がお勧めです。
    独自の指導方法によって多くの受験生を合格させています。

    定期テストの点数をアップなら、お子様の性格によって
    集団塾にするか個別指導にするかを判断する必要があります。

    内向的な子だと、個別指導の方が合っていると思います。

    積極的に先生に質問する子なら、集団塾でも大丈夫でしょう。

    集団塾は大抵、学校の授業よりも進んでいる場合がほとんどで前の単元が
    よくわかっていないのに次の単元に進み、授業についていくのが困難に
    なってくる場合が出てきます。
    そういう時は、個別指導塾へ転塾される方がいいでしょう。

    塾を選ぶ時に受講料が安いから選んだという人も時々いますが

    通常の受講料が安い代わりに夏期講習など季節講習費が高額であったり
    諸費や在籍手数料が別途必要であったりというケースがあるので要注意です。

    関心が湧いた塾をいくつかピックアップして、面倒でもまず体験授業に参加してから
    決めるといいでしょう。
    体験授業を受けたからといって、そこの塾に入らなければいけないということは
    ありません。

    塾に入れば、今後必要になってくる費用を考えると慎重に選ぶべきですね。

  • ●塾選びで失敗した体験談
  • 私にも中学生の子供がいるんですが、塾選びに失敗した
    経験があります。

    子供はもうすぐ中3になりますが、中学入学した頃に大手のとある集団塾に入れました。
    その時は大手で有名ということで安心して入れたのですが、これが失敗でした。

    そこの塾は学校の授業よりも進んでおり、前の単元がよくわかっていない、
    先生に質問しに行く性格ではないというのが影響して、授業について行けなくなり
    成績も全然上がらない
    というふうに悪循環してきたので
    結局そこの塾をやめさせて個別指導塾へ転塾させました。

    前の章でも述べましたが、集団塾に向いている子というのは
    自主的に予習・復習ができ、わからないところは積極的に
    先生に質問に行くというタイプですね。

    必ずしも大手の有名塾が自分の子供に合っているとは限りません。

    塾選びは、お子様の積極性とか学習意欲を考えれば失敗は少ないです。

  • ●まとめ
  • 中学生にとって塾が必要かどうかはその子の性格に
    左右されます。

    勉強に対して自主性があってわからないところを質問できる相手が
    いるなら塾に行く必要はありません。

    勉強のやり方がわからない、家で勉強する習慣がついていない場合は
    入塾をお勧めします。

    塾選びは、お子様の目的と性格を考慮したいものです。

    スポンサードリンク

    関連コンテンツ広告

    -勉強
    -,