あんこ博覧会札幌2020の日程、出店する和菓子店と商品の紹介!




あんこ博覧会2020が札幌で開催されます。

2020年は北海道では2回目となります。

小豆の生産量日本一と言われる北海道で、老舗の名店から人気店までを集めた「あんこ博覧会」が開催されます。

普段はなかなか手に入らないあんこを使用のお菓子のお取り寄せ販売や、実演も交えた出来立てのあんこのお菓子もあります。

あんこ博覧会札幌2020で出店される和菓子店や商品をご紹介します。

スポンサードリンク

  • ・あんこ博覧会札幌2020の日程
  • まずは開催期間からお伝えします。


    開催期間: 2020年9月30日(水)~10月5日(月)

    開催時間 : 10:00~19:00(最終日は18:00閉場)

    開催場所 : 札幌三越本館10階 催事場(011-271-3311)

    アクセス : 地下鉄大通駅直結


    北海道内でのあんこ博覧会は2019年から始まり、2020年は2回目となります。

    老舗が挑戦する新しいスイーツや全国の羊羹も登場します。


    スポンサードリンク

  • ・出店する和菓子店と商品の紹介
  • 道内の名店はもちろん、全国から選ばれた和菓子店が出店します。

    出店するお店と商品をご紹介します。


    ●標津羊羹本舗

    北海道標津郡にある羊羹の名店です。

    ・<いも羊羹>(1個 270円)
    あんこ博覧会限定で、新鮮なサツマイモを使用して皮も入っています。


    ●増田おはぎ

    札幌のおはぎ専門店です。
    小振りで可愛らしいおはぎを販売されています。

    ・<パンプキンオレンジ>(1個 216円)
    黒米のごはんを、かぼちゃあんで包んだおはぎです。
    てっぺんに乗せたオレンジがアクセントです。


    ●月寒あんぱん本舗ほんま

    看板商品である「月寒あんぱん」をはじめ、職人さんが毎日手作りしている上和生菓子のお店です。(札幌)

    ・<ほんまの丸ごと栗あんぱん>(1個 301円)
    看板商品「月寒あんぱん」に大きな栗をまるごと入れた和菓子、あんこ博覧会では実演販売をされます。


    ●サザエ

    兵庫県西宮市に本店がある、おはぎのお店です。
    北海道十勝産の小豆を使ったおはぎやどら焼きが中心です。

    ・<かぼちゃおやき>(1個 162円)
    十勝産小豆を使用した粒あんと北海道産かぼちゃのクリームを組み合わせた、どら焼きのような和菓子です。
    あんこ博覧会限定商品です。


    ●とらや

    東京港区に本社のある和菓子店です。
    皇室御用達ともいわれる羊羹を中心とした老舗のお店です。

    ・<小形羊羹『イスパハン』>(1本 368円、5本入 1998円)
    とらやパリ店40周年記念の〈ピエール・エルメ・パリ〉とのコラボレーション羊羹です。
    はじめに甘酸っぱいフランボワーズがほのかに香り、食べ進めると華やいだライチの風味が口いっぱいに広がります。


    ●村岡総本舗

    佐賀県に本店がある羊羹を中心とした老舗和菓子店です。

    ・<シベリア>(1個 486円)
    自家製餡の羊羹をカステラの間に挟み5層にした和風スイーツです。
    懐かしいお菓子「シベリア」です。


    ご紹介した以外にも、秋の食材を使用した和菓子や和風スイーツが盛りだくさん登場します。


    同時期に札幌で「珈琲マルシェ」も開催されます。
    詳しくはこちら↓の記事をご覧ください。

  • ・まとめ
  • あんこ博覧会札幌は2020年で2回目となり、2020年9月30日(水)~10月5日(月)まで札幌の三越で開催されます。

    北海道内や全国から選ばれた名店が集まり、普段なら味わえないあんこを使ったお菓子が登場します。

    実演販売も行われますので、この際にぜひ会場まで足を運んでみませんか。

    スポンサードリンク