日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

生活

年賀状は退職したら同僚や先輩にはいつまで出す?上司には?文例

勤務先の同僚や先輩、上司には在職中なら、毎年年賀状を
お互いに出しているのではないでしょうか。
でも煩わしいのは退職後には年賀状を出すべきか、あるいは
いつまで出すのがいいのかということですね。
同僚や先輩をはじめ、上司との退職後の年賀状のやり取りについて
まとめています。

スポンサードリンク

  • ・年賀状は退職したら同僚や先輩にはいつまで出せばいい?
  • まず退職して最初の年賀状は、同僚や先輩に在職中にお世話になったお礼を込めて
    出すのがマナーです。

    あるいは一人一人に出すのが面倒なら、お礼を込めて
    職場宛てに年賀状を送るのも一つの方法です。

    しかし、その次の年からはどうするか迷うのではないですか。

    仕事上だけの付き合いで、今後も会うことがない相手でしたら、
    翌年からはきっぱりと打ち切ってもいいでしょう。

    また、自分からは出していなくても相手から届いて、今後はきっぱりと切りたいと
    思っているなら返事は出さないようにします。

    個人的にお世話になった同僚や先輩、プライベートでもお付き合いの
    ある人でしたら近況報告も兼ねて出すのが一般的です。

    この場合も返事として届くなら、次からは思い切って
    断ち切ったほうがいいと思います。

    相手との親密度を考えて判断するのがよろしいかと思います。


    スポンサードリンク

  • ・退職後は上司にはいつまで出せばいい?
  • 上司の場合も同じく、退職して最初の年賀状はお世話になったお礼を兼ねて
    出すのがマナーです。

    上司とはたいていが仕事だけの関係ではないでしょうか。

    その場合は最初の年だけで翌年からは打ち切っても構いません。

    しかし、上司には個人的にもお世話になったとか、かわいがって
    もらっていたことがあれば、出し続けるのもいいでしょう。

    ただし、毎年自分が出した賀状に対する返事で届くなら
    その次の年からは出さなくてもいいでしょう。

  • ・退職後に書く年賀状の文例
  • 退職後に出す年賀状の文例を上司・先輩、同僚に分けてご紹介します。

     

    ・上司・先輩に出す場合の文例

    謹んで新春のお慶びを申し上げます
    在職中は大変お世話になり、心よりお礼申し上げます
    今後も精一杯頑張ってまいりたいと思っております
    皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

     

    ・同僚に出す場合の文例

    新年おめでとうございます
    在職中は大変お世話になりありがとうございました
    これからも今までと同様に頑張っていきたいと思います
    皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

     
    上司や先輩、同僚に出す場合も

    ・新年の挨拶
    ・お世話になったお礼
    ・これからの抱負や近況報告
    ・締めの言葉

    が基本です。

    締めの言葉でよくありがちなのが「本年もよろしくお願いします」と
    書くことですが、もうそこの職場を退職して毎日顔を合わすことが
    なくなるので相応しくありません。

    やはり、「皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます」と
    するのが適切です。
     

  • ・まとめ
  • 退職して最初の年賀状は上司や先輩をはじめ同僚にも
    これまでお世話になったお礼を兼ねて出します。

    翌年からは、相手との親しさを考慮して判断すればいいでしょう。

    それでも毎回、相手が返事として返してくるなら
    次の年からは断ち切っても差し支えはないでしょう。

    スポンサードリンク

    -生活
    -,