日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

美容

くせ毛はショートの方が広がる?ストレートパーマと縮毛矯正の違い、遺伝との関連

young-blond-girl-on-phone-100279287
女性、男性問わず髪の悩みで多いのがくせ毛、
特に雨の日は広がりやすいので、その対策に
苦労することは多いと思います。

ストレートパーマ、縮毛矯正のどちらが効果的なのか
また、くせ毛は遺伝性があるのか興味深いですね。
それらの点について詳しくお伝えします。

スポンサードリンク

  • ・くせ毛はショートの方が広がりやすい?
  •  くせ毛の人は、その人の髪質によってショートの方が広がりやすいのか、
    あるいはロングの方が広がりやすいのかは違ってきます。 



    例えば、髪が伸びてくるとハネたりうねりが出てくる人はショートカット
    した方がまとまりやすいですね。

    でも雨の日は、くせが出やすいのでワックスよりもムースで
    お手入れするのが良さそうです。

    ショートカットはできるだけ髪の量が少なくなるように
    すいてもらうのが最適です。

    それとは逆に髪の根本にボリュームが出やすい人は、ロングにした方が
    髪の重さで根本のボリュームを抑えられます。

    それでもどうしてもショートにしたいなら、ベリーショートに
    する方が短すぎてくせが出にくくなります。
    その代り、頻繁に美容室へ行って整えてもらう必要が
    あります。

    自分の髪質やクセの出方を知っておくことが大切ですね。


    スポンサードリンク

  • ・ストレートパーマと縮毛矯正はどう違う?
  • まずストパーと縮毛矯正の違いをお伝えします。

    ストパー(ストレートパーマ)とは、元々直毛の人が普通のパーマをとって元の
    直毛に戻すためのものです。

    少しぐらいのくせ毛の人なら、直毛効果は期待できますが
    クセの強い人には直毛にはなりません。

    次に縮毛矯正とは、生まれつきのくせ毛の人やパーマをかけてうねりが
    残っている人が直毛にするためのものです。

    ただし、縮毛矯正を一度すれば永久的に直毛になるわけではなく
    3~4ヶ月すればクセが出てくるようになるので
    3ヶ月~6ヶ月単位で矯正をする必要があります。

    縮毛矯正には、デメリットもあり髪が傷みやすくなります。

    矯正後のケアとしては
     ・シャンプーの後は必ずトリートメントをする

     ・完全に乾かしてから寝る

     ・髪を束ねない

     ・ヘアアイロンは控える

    これらのことに注意したいものです。

    一般的にストレートパーマより縮毛矯正の方が高額です。

    頑固なくせ毛を直毛に維持するなら、せめて6ヶ月毎には
    矯正するのがおススメです。


  • ・くせ毛は遺伝と関係ある?
  • くせ毛は遺伝性が強く、直毛よりも優勢遺伝
    言われています。

    母親よりも父親がくせ毛であると、子供に遺伝しやすいという
    報告があります。

    父親がくせ毛でも 母親の方が直毛であると、約70%の割合で
    直毛が遺伝する 
    と言われています。

    しかし、両親ともに直毛であるのに子供がくせ毛という
    ケースも稀にあるんです。
    おそらく祖父母がくせ毛で、隔世遺伝したと言えます。

    髪質の遺伝というより、毛穴や毛根の形状が遺伝する
    いうことです。

  • ・まとめ
  • 髪の長さによってクセの出方は、その人の
    髪質によって影響されます。

    髪を伸ばすと、くせやうねりが出る人はショートカットの方が
    向いているということです。

    逆にショートだと髪の根本にボリュームが出る人の場合は、延ばすことに
    よって髪の重さでボリュームを抑えることが可能です。

    生まれつきのクセ毛の人は、ストレートパーマより縮毛矯正
    した方が直毛効果は高いです。

    くせ毛の原因はほとんど親からの遺伝だと言われています。

    特に父親がくせ毛であると、遺伝する確率は高いと言われて
    います。

    スポンサードリンク

    -美容
    -,