日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

美容

ジェルネイルアレルギーで剥離になる?治し方、予防するには 

ジェルネイルが女性の間で人気です。
しかし、ジェルネイルをしていると爪剥離に
なったと、時々聞くことがあります。
この爪剥離はジェルネイルのアレルギーによる
ものなのでしょうか。
ジェルネイルアレルギーと爪剥離の関係について
まとめてみました。

スポンサードリンク

  • ・ジェルネイルアレルギーで爪剥離になる?
  • ネイルサロンに行かなくても
    自宅でできる「ジェルネイルキット」も販売されていますね。

    特にジェルネイルに関して知識もないまま、セルフでやっていると
    ふと気が付いたら爪剥離になっていたという報告が
    多数あります。

    やはり、この剥離はジェルネイルによるアレルギーだと
    考えられます。

     

  • 症状
  • 爪剥離は正式には「爪甲剝離症(そうこうはくりしょう)」と言います。

    どういう症状かと言えば、爪は根元の方に向かって徐々に白っぽくなり、
    浮いたような感じになります。

    痛みはなく、とれることもありません。

    爪は一度剥がれば、くっつくことはありません。

     

  • 原因
  • まずジェルネイルをやっているなら、
    ジェルネイルを硬化させるUVライトが原因と思われます。

    UVライトは紫外線なので使いすぎると、皮膚や爪に
    反応を起こして爪剥離になることがあります。

    UVライトではなく、LEDランプの方が負担が少ないですね。
    LEDランプが付いたジェルネイルキットが販売されています。


    UVライトの他にもジェルネイルをやり過ぎると、
    ネイルに含まれた薬剤で爪が剥離することもあります。

     
    ジェルネイルが原因でないとしても
    皮膚炎、感染症(カンジダ、白癬菌など)、爪の先天異常や
    甲状腺機能異常などの病気が爪甲剝離症の原因となることも
    あります。


    スポンサードリンク

  • ジェルネイルアレルギーで爪剥離なったとき治すには
  • 前章でお伝えしましたとおり、爪の剥離の原因は
    ジェルネイルだけとは限りません。

    まずは皮膚科の受診をお勧めします。

    もし、感染症とか病気が原因なら医師の指示に従って
    治療をしましょう。

    ジェルネイルアレルギーだと判明すれば
    自宅でケアをすることができます。

    ・爪を伸ばさない
    ・ハンドクリームやオイルで指先を保湿する
    ・ネイルやマニキュアはストップする
    ・なるべく爪先を使わない

    一度、爪が剥離すると健康な爪が生えてくるまで
    6か月以上はかかります。

    剥離した爪はくっつくことはないので、
    治すというよりは新しい爪が生えるのを待つことになります。

    健康な爪が生えてくるまではネイルは控えた方が
    いいでしょう。

  • ・爪剥離を予防するには
  • ジェルネイルを楽しみたいけど、爪が剥離するのは避けたいですね。

    爪の剥離を予防するにはどうしたらいいのかについて
    まとめました。

    ・ジェルネイルをするなら、UVライトは止めてLEDランプを使う
    ・ネイルをやり過ぎない
    ・洗剤とか薬品を扱う時はゴム手袋を使う
    ・爪を伸ばさない
    ・ハンドクリームなどで爪を保湿する

    上記のことを普段から心掛けておきましょう。

  • ・まとめ
  • ジェルネイルをやっていて
    爪甲剝離症(そうこうはくりしょう)になったら、
    アレルギーの可能性があります。

    一度、爪が剥がれるとくっつくことはなく
    新しい爪が生えてくるまで6か月はかかります。
    その間はネイルはストップしましょう。

    爪剥離はジェルネイルアレルギーだけでなく
    感染症や病気が原因のこともあります。

    まずは皮膚科の受診をお勧めします。

    スポンサードリンク

    -美容
    -,