日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

生活

清涼飲料水は体に悪い?ゼロカロリーコーラは?お茶はどうなの?

子供も大人も日常的に清涼飲料水は身近な飲み物です。
しかし、この清涼飲料水は体にとってはどう影響が
あるのでしょうか。
カロリーゼロのコーラも出回っていますが、健康面では
どうなのでしょうか。
飲み物と体への影響について見ていくことにします。

スポンサードリンク

  • ・清涼飲料水は体に悪いの?
  • 夏はもちろん、ちょっと喉が渇いたら自販機ですぐゲットできる
    ジュースやコーラなどの清涼飲料水はおいしく感じるものですが
    体には悪いのでしょうか。

    清涼飲料水には多くの糖分が含まれています。

    糖分を過剰摂取していると、確かに体には良くないですね。

    糖分の過剰摂取による体に起こる影響をお伝えします。

     
    ・急性糖尿病

     清涼飲料水に含まれる糖分は砂糖ではなく、ブドウ糖です。
     ブドウ糖は体に吸収されやすく、血糖値が急上昇しやすくなります。
     毎日のように清涼飲料水を飲んでいると高血糖状態が続き、
     インスリンの作用不足になって急性糖尿病を起こします。
     これが「ペットボトル症候群」ですね。

     
    ・骨がもろくなる

     清涼飲料水の糖分を過剰摂取していると、カルシウムが
     消費されて骨や歯がもろくなっていきます。

     
    ・脳卒中になるリスクが上がる

     清涼飲料水を頻繁に飲む人は飲まない人よりも脳卒中に
     なる確率が高いというデータがあります。

     
    ・集中力がなくなる

     糖分の過剰摂取はビタミンB1も消費します。
     ビタミンB1不足は炭水化物をエネルギーに変換するのが
     困難になり、眠気を誘発したり集中力がなくなったりします。

     
     

  • 清涼飲料水の1日の適量
  • 炭酸飲料や果汁100%ジュースは多くの糖分を含んでいます。

    500mlの炭酸飲料には角砂糖10~16個分、
    果汁100%ジュース500mlで角砂糖12~15個分の糖分が
    含まれています。

    缶コーヒー190mlで角砂糖1~3個分です。

    1日に飲む清涼飲料水の適量は、炭酸飲料やジュースで200~300mlまで
    缶コーヒーなら2本ぐらいまででしょう。

    それ以上の水分補給には水が最適です。

    水道水に抵抗がある方には、安全安心な富士山の天然水が飲める
    キララのウォーターサーバーがお勧めです。



    【Kirala】という新ウォーターサーバー


    スポンサードリンク

  • ・ゼロカロリーコーラも体に悪い?
  • ゼロカロリーコーラが普及し、
    コンビニやディスカウント店などで需要が多いようですね。

    さて、そんなゼロカロリーコーラですが
    体には悪いのでしょうか。

    まずカロリーゼロとは言っても自然な甘味料ではなく
    人工甘味料が含まれているのが気になります。

    ゼロカロリーコーラに含まれる主な人工甘味料は以下のものです。

    ・アセスルファムK
    ・スクラロース
    ・ステビア
    ・アスパルテーム

    などです。
    これらの成分は、心臓疾患・肝臓障害・卵巣収縮・骨格異常
    ポリーブ・内臓疾患の原因
    となります。

    特にアスパルテームには発がん性物質があると言われています。

    また人工甘味料を摂取しすぎると、太る原因にもなります。

    ゼロカロリーだからと思って、摂り過ぎは禁物です。
    惑わされないようにしておきたいものです。

  • ・お茶は?
  • お茶にもいろんな種類があり、カフェインを含むものや
    含まないものがあります。

    体に良いお茶をご紹介します。

     
    ・緑茶

     一般的によく飲むお茶だと思います。
     緑茶には、ビタミンCやカテキンが多く含まれています。
     風邪予防、ガン予防、虫歯や口臭の予防、血液をきれいにするなどの
     効能があると言われています。

     
    ・黒烏龍茶

     黒烏龍茶とは、烏龍茶を濃くしたものです。
     ポリフェノールが豊富で、ウィルスから体を守ったり
     血圧の上昇を防ぐ、ガン予防、脂肪分解の効果があると
     言われています。

     
    ・麦茶
     
     麦茶にはカフェインが含まれていません。
     ミネラルが豊富で、夏バテ防止や疲労回復
     生活習慣病の予防、血液をサラサラにすると
     言われています。

     
    日常的によく飲むのは上記のお茶ではないでしょうか。

     
     

  • ペットボトルのお茶はどうなの?
  • ペットボトルのお茶もコンビニやスーパーなどでゲットできるので
    飲む人は多いですね。

    ペットボトルのお茶の主原料である茶葉は、ほとんどが中国産で
    農薬が使われているのです。

    そして必ずと言っていいほど含まれているのが
    酸化防止剤であるビタミンCですね。

    酸化防止剤のビタミンCは体の老化を促進します。

    これらのことから、ペットボトルのお茶は体には良くないのが
    わかりますね。

    急須で入れたお茶の方が断然、体にいいということです。

  • ・まとめ
  • ジュースなどの清涼飲料水は喉の渇いたときに飲むと
    おいしいものですが、やはり飲みすぎはよくありません。

    清涼飲料水には糖分や人工甘味料が含まれており
    血糖値の上昇や生活習慣病、ガンなどのきっかけになる可能性が
    高いのです。

    また集中力も低下させます。

    飲む頻度もほどほどにしないといけませんね。

    急須で入れたお茶の方をお勧めします。

    スポンサードリンク

    -生活
    -,