日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

生活

北海道に梅雨がないのはなぜ?蝦夷梅雨とは別?台風もこない?

沖縄から本州にかけて毎年梅雨があるのが普通ですが
北海道には梅雨がないと聞いています。
なぜ北海道だけ違うのでしょうか。
また蝦夷梅雨があるのですが、通常の梅雨とは違うのでしょうか。
北海道独特の天候についてまとめてみました。

スポンサードリンク

  • ・北海道に梅雨がないのはなぜ?
  • 通常なら5月末~6月にかけて梅雨の時期に入りますね。
    沖縄はもうちょっと早いですが。

    梅雨は梅雨前線によって起こるのです。

    梅雨前線とは、オホーツク海の冷たい高気圧と太平洋の暖かい高気圧が
    日本列島の上空でぶつかる
    ことによって発生します。

    太平洋高気圧の水分がオホーツク海の冷たい高気圧によって
    冷やされ、雨になって降ります。

    まず初めは5月初旬頃に沖縄でこの二つの高気圧がぶつかって
    徐々に北へと移動していきます。

    でも北へ北へと移動していき、津軽海峡あたりで梅雨前線の勢力が弱くなります。

    そのために北海道では梅雨が発生しないというわけなのです。

    梅雨前線が津軽海峡あたりまで移動するのに1か月~2か月ぐらい
    かかり、そうしているうちに7月に入ります。
    その頃にはオホーツク海高気圧も消滅して全国的に夏になります。


    スポンサードリンク

  • ・蝦夷梅雨とはまた違う?
  • 北海道には梅雨がないと言っても
    年によっては6月下旬~7月にかけて2週間あるかないかぐらいの
    期間で小雨が降る時期があります。

    これは「蝦夷梅雨」と呼ばれるものです。

    小雨程度ならあまり苦にならないですね。

    この「蝦夷梅雨」は梅雨前線によるものではなくて
    オホーツク海あたりで発生する冷たくて湿った風が
    ふくことで起こるものです。

    「蝦夷梅雨」は主に北海道の太平洋側で起こりやすくなります。

    梅雨前線によるものではないので、気象庁では「梅雨」としては
    見なされていません。

     

  • リラ冷えについて
  • 北海道では5月下旬から6月にかけて肌寒い天候が続く時期があります。

    これは「リラ冷え」と呼ばれています。
    これも「蝦夷梅雨」と同様でオホーツク海で発生する冷たい空気が
    原因で起こるものです。

    気温は10℃前後となるため、対策が必要です。

    「リラ冷え」の「リラ」とは北海道を代表するお花の
    「ライラック」にちなむものです。

    ライラックの花が咲く時期なので「リラ冷え」と呼ばれるそうです。

  • ・北海道には台風もこないって本当?

  • 北海道では「梅雨がない」と言われているのと同様に
    台風もくることは滅多にありません。
    絶対に台風はこないというわけではありません。

    台風も梅雨前線と同じように北上していくわけですが
    温帯低気圧に変わって消滅することがほとんどです。

    沖縄や本州ほど台風は来ることがないですが
    稀に来ることもありますので台風に関しても対策は
    考えておいた方がいいのは言うまでもありません。

  • ・まとめ
  • 北海道では「梅雨」はないですし、
    「台風」も滅多にくることはありません。

    しかし「リラ冷え」があったり、冬は寒さがかなり厳しいので
    本州とは違って別の対策が必要になってきます。

    もし北海道旅行するなら夏が最適ですね。

    北海道の夏は沖縄や本州とは違って涼しいのでクーラーの
    出番もありません。

    スポンサードリンク

    -生活
    -,