日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

年間行事

卒業式や入学式でのビデオ撮影マナー、撮影のコツ、他のマナー

お子様の卒業式や入学式は人生の中で記念するべき
イベントです。
親御さんはぜひともビデオ撮影をして記念に残して
おきたい心境でしょう。
でもマナーはちゃんと守りたいものです。
卒業式・入学式でのビデオ撮影するときのマナーや
上手に撮るコツ、ビデオ以外の保護者のマナーについて
まとめました。

スポンサードリンク

  • ・卒業式や入学式でのビデオ撮影するときのマナー
  • お子様の人生の節目となる卒業式や入学式で
    何とかビデオにおさめて、記念として保存しておきたいと思う
    保護者の方も多いのではないでしょうか。

    ビデオ撮影することはほとんどの学校で許可されていることと
    思いますが、他の保護者やお子様に迷惑をかけるのは禁物です。

    そこで、お子様の大事なセレモニーでのビデオ撮影するときの
    マナーについてお伝えします。

    まず、三脚を使うなら決められた場所にします。
    他の保護者の邪魔になるようなところで三脚を立てるのは
    NGです。

    いちばんビデオ撮影しやすい場所は、通路側のいちばん後ろの席です。
    入場の時や退場の時に撮影しやすいのではないでしょうか。

    もし、いちばん後ろの席に座れなかったとしても
    撮影のために立ち上がったりするのはNGです。

    写真を撮る場合ですが、シャッター音が出たり
    フラッシュには注意が必要です。

    式の最中で静まりかえっているときのシャッター音やフラッシュは
    目ざわりになります。
    フラッシュは避けましょう。

    シャッター音は、入場や退場の時でざわざわしているときの方が
    あまり目立ちません。

    ビデオや写真にしても自分のお子様を撮影したいという気持ちは
    理解できますが、他の人の迷惑にならないように配慮することが
    大切です。


    スポンサードリンク

  • ・ビデオ撮影するコツは?
  • 最近では一眼レフ、ビデオカメラ、どちらでも動画や写真が
    撮れるので卒業式や入学式では重宝することと思います。

    しかし、それぞれにメリットとデメリットがありますので
    まとめてみました。

     
    一眼レフ

    メリット
    ・レンズの種類が豊富で遠くからでも撮影できる
    ・高画質
    ・室内や暗めの所でもきれいに撮影できる

    デメリット
    ・長時間の撮影には向かない
    ・動画の撮影時、設定をしっかりとしておく必要がある
    ・バッテリーの容量が少ない

     
    ビデオカメラ

    メリット
    ・大容量で長時間の撮影に向いている
    ・バッテリーが長時間もつ
    ・ブレが少ない

    デメリット
    ・一眼レフのようにレンズの交換ができない
    ・フォーカスに一定感がない

     
    どちらを使うかは、どういう時に撮影したいのかを考慮して
    選べばいいのではないでしょうか。

    式の最中に自分の席から撮影するなら、一眼レフの方が適して
    います。
    300mm以上の望遠レンズがおススメです。

    入場や退場の時が最も動画を撮影しやすいのではないですか。

    写真撮影なら、校門の『入学式』と書かれた看板のところが
    最適ですね。

  • ・卒業式や入学式でのビデオ撮影以外のマナー
  • ビデオや写真撮影するとき以外でも保護者が
    気をつけたいマナーをお伝えします。

     
    ・携帯は電源オフにするかマナーモードにする
     当たり前のことですが、式の途中で着信音が鳴ると
     目立ち、他の人に迷惑になります。

    ・保護者同士の私語は厳禁
     これが一番多いですね。
     式の最中の静かな中では、当人同士はひそひそと話していても
     周囲には耳障りで迷惑になります。

    ・香りの強い香水は控える
     エチケットとして香水をつける人はおられますが、子供の
     セレモニーの場では不向きです。
     香水をつけるなら、香りの弱いものでかすかに匂う程度に
     したいものです。

  • ・まとめ
  • お子様の卒業式や入学式で、後味の悪い思いを
    しないためにもビデオ撮影時、それ以外のマナーもしっかりと
    守りたいものです。

    子供ではなく、保護者である大人がマナー違反をすれば
    子供まで恥をかく場合があります。

    素晴らしい撮影をして大切な記念として残したいですね。

    スポンサードリンク

    -年間行事
    -,