日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

健康

玉ねぎが血糖値を下げるって本当?効果的な食べ方と1日に必要な量

yasai01_d_01

食べ過ぎや飲みすぎで気になるのが血糖値、
糖尿病予備軍と呼ばれる人も多いですね。

玉ねぎって食べますか?
実は玉ねぎが血糖値を下げるのに効果的と
言われています。

血糖値を下げるのに有効な成分と、どうやって
食べたらいいのかをご紹介します。

スポンサードリンク

  • ・玉ねぎを食べると血糖値は下がる?
  • 血糖値を下げると言われる食べ物はいろいろありますが
    その中でも玉ねぎが優れていると言われています。

    炭水化物をはじめ、食べ過ぎによって血糖値が上がりやすくなります。
    糖尿病は予備軍も含めて増加傾向にあります。

    約9割のほとんどの糖尿病患者は、インスリンの効き目が弱くて
    インスリンの分泌量が少ない『2型糖尿病』です。

     血糖値をコントロールしながら急激な上昇を抑える玉ねぎがおススメなのです。 

    玉ねぎを切ると鼻にツンとくる独特のニオイがありますよね。
    実はこのニオイの成分は、イオウ化合物である『サイクロアイリン』『イソアイリン』
    いうものです。

    これらの成分は、 インスリンが血中のブドウ糖を細胞にとり込む作用を
    促進する役目 
    があり、血糖値を下げるのです。

    また玉ねぎには、ミネラルも豊富に含まれており
    インスリンの作用を補助します。

    このように血糖値を下げるので糖尿病の人はもちろん
    血糖値の上昇を抑えたい方は積極的に摂りたい食材なのです。


    スポンサードリンク

  • ・効果的な食べ方
  • まず血糖値の上昇を抑えるなら、玉ねぎは加熱するよりも
     生で食べる方が効果的 です。
    サラダに入れるのが最適ですね。

    特に注意したいことは水にさらさないことです。
    水にさらすと、有効成分である『イソアリイン』『サイクロアイリン』
    溶けてしまうからです。

    切ってからすぐに食べるのではなく、20分ほどしてからの方が
    いいのです。
    その方が栄養成分が増えると言われています。

    生で食べるならサラダが一般的ですが、 酢玉ねぎにするのも
    おススメ 
    です。
    玉ねぎを薄く切って、お酢と一緒に容器に入れてしばらく漬けておけばOK!
    以前、NHKの「ためしてガッテン」でも紹介されていました。

    またサラダ以外のお料理の付け合わせとして生で食べるのも
    いいですね。

  • ・1日に必要な摂取量は?
  • 血糖値を下げるためには、1日にどれほどの
    玉ねぎを摂取しないといけないのかと疑問に思いますが
    1/4個で十分だと言われています。

    玉ねぎはインスリンの分泌量を増やすのではなく、
    分泌されたインスリンの働きを促進させて血糖値を下げるだけ
    いうのが大きなポイントです。

    インスリンの分泌量が増えすぎると、逆に低血糖になりますから。

    1日に1/4個でOKなら十分に食べれる量ですね。
    食事前に食べる方が効果的です。

  • ・まとめ
  • 玉ねぎの切った時の特有のニオイに
    血糖値を下げる成分が含まれているのです。

    切ったら水にさらさず、生で食べるのがおススメです。
    水にさらしてしまうと有効成分が溶けてしまうからです。

    毎日1/4個ずつ食べるのを継続することが大切ですね。

    スポンサードリンク

    -健康
    -,