日常の悩み解決や役立つ情報サイト

行事や祝い事など日常生活に役立つ情報をお伝えします

ダイエット

烏龍茶にダイエット効果がある?緑茶よりも効果的?飲むタイミングは?

2015/12/02

1f60fcc5c4ae9cd26689e9964b639855_s

中国茶として誰もが知っている烏龍茶、脂肪吸収を抑えると
言われていますがダイエット効果は本当にあるのでしょうか。

烏龍茶の成分と働きについて解説しました。
飲み方によってダイエット効果に違いがあることが
わかりました。

烏龍茶でダイエットを考えている方にお役に立てばと
思います。

スポンサードリンク

  • ・烏龍茶にはダイエットの効果があるの?
  • 烏龍茶はコンビニやスーパーなど、どこででも手に入れることができる身近なお茶として
    定着しています。

    烏龍茶に多く含まれているのがポリフェノールで抗酸化作用が高いと
    言われています。
    ポリフェノールは脂肪の吸収を抑え、体外へ脂肪を排出する働きが
    あるのです。
    またLDLコレステロールの酸化を抑えたり、コレステロール値や
    中性脂肪量も減らします。

    烏龍茶も緑茶と同じ葉から出来ているので、カテキンも多く
    含んでいます。

    ですが、烏龍茶は発酵する過程で重合が進んで烏龍茶重合ポリフェノール
    出来るのです。
     このウーロン茶重合ポリフェノールの作用によって体内に入ってきた脂肪の吸収を
    抑えて体外へと排出してくれます。 

    またカテキンには体脂肪を減らす効果があると言われています。

    これらのことによって烏龍茶にはダイエット効果があると言えるのです。

    普通のウーロン茶よりかは黒烏龍茶のほうが効果が
    高いと言われています。

    ちなみにウーロン茶に含まれるポリフェノールは、糖尿病の改善や
    美肌効果も期待できます。

    太っている男性はもちろん、ダイエットをしながら美肌を求める
    女性には一石二鳥ですね。


    スポンサードリンク

  • ・緑茶よりもダイエット効果はある?
  • 緑茶はお茶の中でも最も多くカテキンを含んでいます。
    カテキンはポリフェノールの一種で、食べたものの脂肪や
    蓄積された脂肪を分解して燃焼させる効果があります。

    烏龍茶は緑茶を半発酵させたもので、その過程でできる
    ウーロン茶重合ポリフェノールが脂肪の吸収を抑えて体外へ排出
    する作用をします。

    緑茶は体を冷やす作用があります。
    体の冷えはダイエットには大敵ですね。

    発酵された食べ物は体を温めますが、緑茶は発酵されてないので
    たとえ温めて飲んでも体を冷やすことに変わりはありません。

    烏龍茶は発酵されているので体を温め、体内の脂肪を排出する
    効果を発揮するので、 緑茶よりもダイエット効果は高い 
    いうことになりますね。

  • ・烏龍茶を飲むタイミング
  • ウーロン茶にいくらダイエット効果があるとわかっても
    むやみに飲むことは推奨できません。

    食事と一緒に飲むか、食後30分以内に飲むのがオススメです。
    ウーロン茶は油の吸収を抑えるので、中華料理などの脂っこい料理の時に
    一緒に飲むのがいいでしょう。

    1日に1リットルほどを数回に分けて飲むようにしましょう。
    毎日継続することが大切です。

    カフェインの作用で眠れない人は就寝前に飲むのは
    控えるほうがいいでしょう。

    有酸素運動の前に飲むのも効果的です。
    代謝がアップして、脂肪燃焼効果も高まります。

    冷たくするより温かくして飲むのがおススメです。

  • ・まとめ
  • 烏龍茶に含まれるポリフェノールが脂肪の吸収を
    抑えて、さらに体外へ排出してくれるのでダイエットには
    効果的だと言えます。

    緑茶には脂肪を排出する性質はなく、また体を冷やすので
    ダイエットには烏龍茶の方が効果が高いということです。

    食事中に一緒に飲むか、食後30分以内に飲むのが
    おススメです。

    スポンサードリンク

    -ダイエット
    -,